プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日は、10月の循環器科(拡張型心筋症)の通院日でした。
このひと月、特に長く続く心房細動等ありませんでしたが、短いものは数多く、また動悸が気になる事もありました。
検査結果は、血圧120:80、PT-INR値は23と管理範囲値内に収まっていて、心音等も問題ないそうです。
先週頃から喉の違和感が治まらないので、風邪薬も処方していただきました。
10:30の予約診療でしたが、早めに検査を済ませ、11:00前に院外薬局で処方薬を受け取った後、Mazdaディーラーに寄り、先日走行距離140,000キロを越えたAZオフロードの6ヶ月点検(マツダセーフティーチェック)を18日土曜日に予約して帰宅。
そして、一人昼食を摂ろうと準備している頃、御嶽山噴火から丁度まる1週間経過した事が頭を過りました。
既に死亡が確認だれた方は50名に上るそうですし、心肺停止とされている方も一人、そしてまだ多くの方が行方不明になっておられるとの事。
犠牲になった皆さんは、唯運が悪かったとしか云えないのが、辛い処なんです。
地元の役場や観光協会には、『何故噴火するような処を観光地にしたんだ』等の誹謗中傷が寄せられているそうです。
その皆さんの言いたい事は解ります。
しかし、以前も述べさせていただいたように、日本の観光地のほとんど全てが災害被災地跡、或は何時災害が発生してもおかしくない処なんです。
阿蘇山周辺、富士箱根伊豆周辺、浅間周辺、八ヶ岳周辺、十和田周辺・・・・・キリがないので止めときましょう。
日本列島自体が環太平洋造山帯に属し、火山列島でもあります。
それどころか、火山の噴火がなけりゃ、この日本と云う国自体ができあがりません。
つまり今私達がこの国でのんべんだらりと、火山の噴火に文句を言っていられるのも、その火山のおかげです。
誰でも結構です、貴女や貴方、温泉でのんびり入浴できるのは、全て火山列島であるこの島国に育った幸運なんです。
我嫁も、午後から地元にある市営温泉施設で寛いできたそうです。
私は付き添いが無いと危なくて温泉に連れて行ってもらえませんでした(笑)けど。
スポンサーサイト

コメント

何とも言えません

救助隊の方が悪戦苦闘されていることや安否不明の家族の方のニュースを見ては、辛い思いをしております。
噴火だけでなくいつどこで災害や事故に見舞われるかわかりません。MK様の言われるように、犠牲になった方は指されていたとしか言えません。
役場や観光協会に誹謗中傷された人達も悲惨さのあまり怒りをぶつけてしまったのではないでしょうか。
今は亡くなられた方のご冥福と行方不明の方の早期発見、噴火が収まることを祈るばかりです。

運良く難を逃れた主人は、今日もプチ登山と称して近くの山へ登ってきました。病気の治療でうつ傾向にありましたが、山登りをはじめ活き活きとしいます。自然は優しさも厳しさも持っていることを感じます。

Re: 何とも言えません

ねさま さん、コメントありがとうございます。
自然は優しさ、掌を反したような仕打ちをする事があります。
それだからこそ、自然を神として崇め暮らして参りました。
観光地と被災地は、その視方によって決まります。
行方不明者の発見と、一刻も早い火山活動終息を願うばかりです。
ご主人が山登りをなさっているそうですが、件のクマ除け鈴を持たせてあげてください。

自然と人工

犠牲者の数がどこまで増えるのか…

自然を利用した観光地と人工のレジャー施設は支配可能性の面で本質的に異なる部分があるので、自然災害が起きたときに遊園地で起きた事故と同列に扱って管理者たる自治体を誹謗中傷するようでは思考には稚拙さを感じます。自己満足のために、少ない人員で大規模災害に対応している彼らの足を引っ張っていることに考えが至らないことにも閉口します。

先の東日本大震災でも「不謹慎狩り」や闇雲な物資送付などヒステリックな行動が多々見られましたが、関係者がなすべきことを山のように抱えているときは、事態が収束するまで大人しく成り行きを見守ることが無関係者のなすべきことのように思います。

自己決定と自己責任、ブームで始めたばかりの人にはまだできないかもしれませんが、海・山・河川湖沼での遊びをする人には多少の心構えはあるものと、自分を含めてそう思います。

Re: 自然と人工

最近ビッグ・ウェーブを求め、台風の最中、ボードを担いで繰り出す若者がおり、毎回行方不明者や死者が出ています。
自己責任と云っても危険すぎる行為は、他人に迷惑を掛けるだけ。
ご指摘のとおり、オトナになりましょう。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2845-4e70cbbb


Powered by FC2 Blog