fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


台風18号の影響でしょうか、山梨も朝から雨が降り、時々強くなったり弱くなったりの繰り返し。
気温も朝の最低気温15.2℃から殆ど上がらず15℃台の肌寒さ。
以前も取り上げましたが、最近多くなったのが家庭用じゃなく完全に発電所として使われている太陽光発電施設。
休耕田ばかりじゃなく、大切な山林を切り開きコンクリで固めたり遮光シートを敷いて植物が生えないようにして発電パネルを並べています。
これだと山林の保水力が全くなくなってしまい、洪水の元凶や土砂災害さえ誘発しかねません。
中には、どう見ても山間部に有り、日照時間が気になる様な施設すらあります。
そして、このような施設で発電される電力ですが、今日の様な雨や曇りの日は殆ど発電できませんし、もちろん夜はダメ。
陽が当たっていても、雲の流れで急に陽が陰る事も想定しなきゃなりません。
電力の供給は、常に安定している事が前提で、工場の設備や家電製品は使われています。
全てと云って良い程、現在の社会生活全般では、コンピューター制御がなされており、こちらも電力の安定供給が基本となります。
万一に備え、一応バックアップ用のバッテリーや自家発電装置も常備されていますが、供給される電力に波が有るような質の悪い電力では、各機器の性能維持にも限界を生じてしまうでしょう。
電気は溜めておくことがとても難しいエネルギー源です。
もしも太陽光発電等の自然エネルギーを電力供給の根幹に据えてしまったら、それと同じだけの能力を持った火力或は原発がバックアップ用として必要になります。
本来このような太陽光発電施設等は語弊が生じるかもしれませんが、原発の安定した電力供給がなされている事を前提としたうえで、クリーンエネルギーを装った見世物的な施設に過ぎなかったんです。
以前も書き込みましたが、太陽光発電パネルを作るのに膨大な電力の使用と環境破壊が伴います。
それらのため、日本国内で太陽光パネルを製造したら、コストが掛かりすぎ、とても元が取れないそうです。
これが太陽光発電の本質であり、少しもエコじゃありません。
ただし、地産地消というか、最近流行りのスマートグリッド等、限られた域内での使用にはメリットがあるそうです。
太陽光発電で一番有効なのは、送電線が引けないような小島の灯台とか、非常用の電力供給用でしょう。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2846-4cab0243


Powered by FC2 Blog