プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


子供さん達に自然の楽しさや面白さを知っていただくために、昔の思い出を綴ってみました。
長い間自然の中で遊んでいると、色々な事に出合います。
土砂が流れた崖っぷちを、サルの群れが一匹ずつ砂煙を揚げながら走り去る光景を見て思わずエールを送ったりとか、テレビなんかの放送じゃ見られない、まさしく野生のたくましさとかね。
今まで一番印象深かったのはこんな冗談のような話です。
昔々、南アルプス前衛の夜叉人峠から高谷山を経て、桧尾峠を夜叉人隧道東口に下る荒れた綴れ降りの小道での出来事。
夜叉人峠で知り合ったご夫婦を案内して道を下って行くと、目の前右にに鎌首を擡げた、銭型で勇猛を馳せるマムシさん、そして左側には、大きなカエルさんが睨み合っておりました。
そこに出くわした私達即席パーティ、マムシさんを見た、ご夫婦のうち奥様は、完全にフリーズ状態。
マムシさんは、カエルさんを呑みたいのですが、私達人間が怖い。
カエルさんは、何とかマムシさんと人間から逃れたい。
さて、フリーズした奥さん、もう動けませんよ、どうしましょう????。
この所謂三竦みの状況を打破しなければなりません。
私が先にマムシさん達の横から下に降り、足場を確保し、旦那さんに奥さんを補助して、ジャンプしてもらい私が下で彼女を受け止める作戦。
何とか無事奥さんを救出して一件落着。
その後、マムシさん達の事は解りませんが、何とか無事にカエルさんを呑んだんじゃないかと思いますけど??。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2852-e80065fd


Powered by FC2 Blog