プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


自然エネルギーとしてバイオマス発電なんて云うジャンルもあるそうですね。
間伐材をチップにして発電ボイラーの燃料にしようと云うらしい。
確かに間伐材の有効活用になる上、森林の更新にも役立ちますが、それも上手に行けばなんです。
現状でも、木材チップを使った暖房が行われていますが、殆ど外材の端材が利用されているようです。
もちろん国産材も使われているでしょうが、価格的に難しいようです。
森林資源の活用に有効な手段ですが、間伐作業の人件費や林道整備等を考えると、暖房等熱回収程度は期待できるでしょうが、それで蒸気タービンを回し発電すると云うのではコストが見合うかどうか疑問です。
地熱発電は、列島各地に適地があるのですが、殆ど全て自然公園法と云う縛りがあります。
まあ、技術的にも確立されているようですし、自然公園法を規制緩和すれば利用できるでしょうが、原発推進派が後押しする、自然保護運動の高まりが予想されます(本来の自然環境保護の立場から私も反対(笑)です)。
欧州等で盛んに行われている風力発電も本邦の場合、日本アルプス等高山の尾根付近が適地でしょうが、軟弱な地質や自然保護の観点からも反対したい処です。
波浪発電も有望視されていますが、まだ試験段階のようです。
結局太陽光発電が最も短期に発電が可能ですが、前回触れたように蓄電等、電力の安定供給に疑問が生じます。
揚力発電は問題外ですが、有望視される蓄電システムに『フライホール蓄電システム』があります。
現在一部で利用されているようですが、現在も更なる改良が加えられているとの事。
洋上に太陽光パネルを張った筏を連ね、そこで発電した電力で海水を電気分解して水素を作り、タンカーで運版し燃料として活用する等の構想もあるようですし、宇宙空間にパネルを展開して朔以外の時間全てで発電し、マイクロウエーブで送電するなんて構想もあるようです。
このように自然エネルギーの将来も明るそうですが、皆さん今できる事から頑張りませんか。
そう、私のモットー!テレビを消してラジオを聴こう(笑)です。
これで原発が幾つか要らなくなりますよ。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

頭の悪い私には何が何だか判らない、
大学の講義のように高邁なお話しで、
流石はその世界の権威と尊敬の念で一杯であります。

そのような方にテレビ漬けの、
しかもお笑い番組のような拙ブログを、
こうして覗いていただけるのは、ただただ汗の出る思いです。
もしかしてそんな小生に、生き方を改めよ!
とのご教示であれば、これはまた有難いほど果報なことであります。

いちばん電力を消費する冷蔵庫を使わず、
次に消費量の多い照明については、
夜明けとともに起き日暮れとともに就寝する。
夏の冷房は我慢して、暖房は木材チップを薪がわりのストーブ。
テレビは廃棄、ラジオも娯楽番組をシャットすれば、
電波の無駄は無くなるのでしょうね。
電磁レンジなどはもってのほか。

そしていつまでも灯りをつけているコンビニ、飲食店。
残業がそんなに多いのかビルの電灯。
夜は暗いのが当たり前かもしれませんね。

これからは「欲しがりません!」の精神が大切になるのでしょうか。


いつもバカなコメントで、恥ずかしい限りです。

Re: こんばんは。

貴下ブログを拝見するにつけ、音楽、料理、歴史探訪、里山文化まで深く探求されている事が判ります。
恐らく私など、足元にも及ばぬ境地と存じます。
さて、私が理想とするような耐乏生活???では、何の娯楽もなく霞を喰らって生きる仙人の如く生きねばなりません。
矢張りたまには、贅沢は敵だ!の『敵』の前に『素』を入れてみたくなります。
私にとって、貴殿のような文字どおり晴耕雨読の暮らしが理想です。
いつもながらのご支援のコメント、ありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2857-3da8feab


Powered by FC2 Blog