プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


田舎暮らし

私が暮らす山梨県、以前にも投稿した笑い話があります。

山梨県には、中央本線と身延線、小海線、富士急行線の僅か4路線の鉄道が走っているだけ。
その内複線は、中央本線だけで、後の3線は単線ですし、小海線は電化されていないのでジーゼル列車が走ります。
列車と云っても精々2両編成ですが、最近ではハイブリッド車両も導入されてクリーンな高原列車のイメージをアピールしています。
標高1375メートルのJR線最高地点を通過するこの路線、標高が高い鉄道の駅ベスト10の内、9位までを独占しているそうです。
普通、踏切で遮断機が下りての信号待ち、凄く不愉快で不運な気持ちになりますよねでも、小海線の踏切での信号待ちなんて、めったに逢(遭じゃない)う事がありません。
だから小海線の踏切で信号待ちに逢うと、今日は凄くラッキーってみんな思っちゃう。
それだけ運転本数が少ないって事。
そして身延線、昔々身延線がJRじゃなくて国鉄と呼ばれていた時代のお話。
身延線の沿線で泥棒事件が起きました。
犯人は、都会の方のようで、身延線の電車を使って逃走しようと考えたそうです。
都会の電車はラッシュ時には2分から3分間隔、閑散とした時刻でも10分間隔ですよね。
でも、身延線ですから、日中なんか1時間から2時間に一本の電車が走るだけなんて当時は、サラ(笑)。
それを知らなかった犯人さん、駅で電車を待っている間に御用になったと云った話です。
新聞に載っていた嘘のようなホントの話だそうです。
これが田舎なんです。
昨今田舎暮らしが流行ってますが、実情を知らない方が多いですよね。
自家用車以外の交通手段は考えられないので、殆どのご家庭で一人一台の自家用車を所有しています。
もちろん拙宅も同様です。
土曜日、図書館で本を借りようと、手続きをしましたが、目当ての本は一冊だけで貸し出し中。
市内に4か所の公立図書館がありますが、それで一冊、結構話題になった本でさえこの調子。
更に、クラッシック音楽のCDも他所では色々揃っていて利用しやすいと云った話を聞きかじり、所蔵されているCDをインターネットで検索しましたら、ヒンデミットやプロコフィエフ、スクリャービンなんて一部の有名曲のオムニバス程度。
年に数える程のクラッシックコンサート、それでもチケットが売れ残るそうです。
今は、欲しいものもネットでググれば良いし、ショッピングモールもあります。
コンビニもお散歩途中にありますね。
でも、やっぱりここは田舎ですから、住宅街を一段上ると鹿や猪、猿もいます。
夏は、野生のホタル絶滅危惧植物やオオムラサキの乱舞も見られます。
そんな田舎に暮らしています。





スポンサーサイト

コメント

ネットショピングが増えました(^^)

おはようございます。

公共交通機関の運転本数が少な過ぎますね。一人一台の自家用車所有が当たり前なのも頷けます。逆に都会では一台の車を置くにも何かと困りますが。

図書館が4か所もあるのに話題になった本でさえ一冊の蔵書ですか。余り長く待たされると読む意欲も減退してしまいますね。
こちら(吹田市)でもテレビで紹介された本などは一斉に予約が集中し、3か月以上待った経験があります。それ以来、本はネット購入が増えました(^^)
ネットショピングは配達が速くてストレスが無いので最近使用頻度が上昇しています(*^_^*)

こんばんは。

「小海線」と聞くと、懐かしさでいっぱいです。

一時は毎年のように赤岳に登り、野辺山から清里、
あるいは白駒池から稲子湯といった、
八ヶ岳山麓での遊びを楽しんでいたものです。

たまに穂高にも足を向けましたが、
八ヶ岳の山岳図は今も赤鉛筆で真っ赤になって残っています。

ただ足をやられてからは、
100メートルの小山もパスする状態で情けないものです。

しかし、たしかにアクセスの不便な地域は、
ちょっとしたことで困ることが多いです。
ましてや過疎の村落に至っては暮らしそのものが難儀ですね。

車は必需品ですが車を持たない人達は、
ますます孤立を深めるでしょう。

車といえばトリウム車について、どう思われますか。
核物質ではありますが放射線量の少ない物質だそうで、
トリウム8gで160万キロ走行できると言われています。

エコの権威、MK教授のご意見を是非お聞きしたいと思います。

Re: ネットショピングが増えました(^^)

akifuyu102さま、コメントありがとうございます。
以前は、ネットショッピングなんて、個別配送だから環境に悪いなんて思っておりましたが、購入者自身が車を使い買い物に行くより遥かに、エネルギー効率が良い事を感じております。
唯、良く考えたうえでポチらないと、余計なモノを買ってしまうのが難点です。

Re: こんばんは。

NANTEIさま、赤岳の鎖場が懐かしいですね。
一度だけ、県界尾根から取り付き、岸壁のクロユリを愛でておりました。
清里から山頂ピストンで3時のお茶は、行き付けの清里ミルクでいただいておりました。
私も今は、平地でも歩行に難儀をしております。
トリウム炉の話も懐かしいです。
昔、荒巻義雄さんが書かれた架空戦記『紺碧の艦隊』に登場していた事を思い出しました。
私の知識など、その程度です。
文中では、海水中からトリウムを採取できる???と有ったような定かでは無い記憶です。
同じく文中では、放射能汚染も少ない???とされていましたが、実の処判りません。
高速増殖炉や核融合炉同様、いまだ確立されていない技術のようです。

笑い話、面白いですね。田舎は田舎でいいところがたくさんありますからね。田舎暮らしもいいのですが、やはり病院でしょうかね。ポイントは。。。

Re: TORUさま

TORUさま、コメントありがとうございます。
そうなんです。
やっぱりネックは、医療機関なんですね。
幸い私の居住する地区は、医療機関に恵まれていて、ドクタービレッジなんて処さえ有ります。
逆に云うと、人口が多い住宅地には医療機関が多くても、過疎地域には無いと云う事になります。
遠くの街まで自家用車が交通手段なので、車を運転できる人は良いのですが、それが無理なお年寄りは、家族が医療機関に連れて行く事になります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2861-dd26c220


Powered by FC2 Blog