プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


来春はいよいよ今の職場で定年を迎えます。
酒もたばこも???も関係ない生活を送り、傍から見ると霞を喰らうような暮らしと思われがちですが、昨日も投稿しましたように、結構贅沢を楽しんでおります。
レコードは兎も角、CDを聴くために現在のステレオセットは、贅沢なんじゃないかと思い、消費電力の小さなデジタルアンプと小型スピーカーが1万円強で手に入るんじゃあ、と考えたのですが、態々今使っている物をグレードダウンするにしても、その分お金が掛かるんじゃあ何か本質を忘れているようでヤーメタとなりました。
それより、新しいシューベルト作品の69枚組ボックスセットをポチってしまいました(笑)。
シューベルトもピアノ曲全集と交響曲全集を1セットづつ保有していますが、弦楽四重奏曲辺りも物色しようと某通販サイトを覗いたのが運の付。
シューベルトのボックスセット
69枚組なら歌曲集や他のオーケストラ作品や室内楽も入っているでしょうから(実は、いまだ発売されていないため、内容が全く不明なのですが、安い内に手に入れておこうと云ういつものパターン。
brilliantの廉価版ボックスですが、演奏者など全く見当が付きません。
もう、こうなると博打の世界です。
唯、云えるのは廉価版と云うジャンルは比較的古い演奏と録音ですが、今も残っているのは、それなりに定評があったわけですから、ハズレは恐らくありますまい。
取りあえず、ポチッた時の価格は9,000円でお釣りがくる程安いのですよ。
シューベルトと全く脈絡もありませんが、私の好きなショスタコービチのピアノ協奏曲第一番作品35の演奏がYoutubeに有りましたので張っておきます。

Yuja Wang嬢、椅子の高さ調節に手間取っているのが好印象、演奏会場が和やかになりました。
しかし、演奏はオケとのバランスが絶妙で、特にトランペットとのダブルコンチェルトじゃないかって思ってたら、正式名称が『ピアノとトランペット、弦楽合奏のための協奏曲ハ短調 』だそうですね。
根暗と揶揄されるショスタコービチの作品ですが、シューベルト同様、曲想の中に唄???が聞こえるんです。
特に中ほどで、ピアノと絡むトランペットのミュートプレイ、絶妙なんです。
騙されたと思って聴いてください。
ショスタコは、革命だけじゃないんだぞってね。
スポンサーサイト

コメント

シューベルト作品の69枚組ボックスセット、、、そりゃ豪勢ですねえ。聞くのにもすごく時間を贅沢につかいますね。そういう贅沢、いいですね。

Re: TORU さま

ついコストパフォーマンスに魅せられてポチるのですが、そう云ったボックスセットが沢山溜まっております。
メンデルスゾーンとブラームス、ハイドンの交響曲全集程度は一通り聴き終えましたが、それよりも加速度的に未聴盤ボックスセットの山が堆くなっています。
思い立った時にポチらないと、限定発売の物が多く直ぐに高騰するため手が出なくなるのですよ。

ショスタコ

MKさん、こんにちは。
私もピアノ協奏曲好きです。ユジャワンさんの演奏は初めて聴きましたが、思わず最後まで聴き通してしまいました!健康的な肌の色と衣装も素敵ですね(笑)トランペットB♭管だということを映像で初めて知りました。とっても楽しい映像でした。

Re: ショスタコ

私も、このユジャワンさんの演奏で、改めてこの曲の良さを更に見直した処です。
やはり、作曲者自身が優れたピアニストだった事による、高度なテクニックと音楽性が相まって、演奏家を選ぶ曲のような気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2865-b212b630


Powered by FC2 Blog