プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


『クロイツェルソナタってどんな曲だったっけ??』ふと、そんな疑問が湧いてきた。
トルストイは、このベートーベンの曲を題名とした小説を書いているそうですが、恥かしながら私は未だ読んだことがありません。
ヤナーチェクはこの小説に触発され、同名の副題を持つ弦楽四重奏曲第1番を作曲したそうです。
朝のFM放送で、この弦楽四重奏曲が掛かるとアナウンスを聞き、大元のベートーベンの曲を思い出そうとしたのですが、完全に印象が消えていました。
バイオリンとピアノのためのソナタ
そこで、40年近く前に一度は掛けたであろう、このワルター・オルベルツとカール・ズスケによる演奏を聴き直してみたいと思い立った次第。
この全集でもベートーベンのバイオリンとピアノのためのソナタ、では5番の『春』は良く聴くのですが、これと同じくらい有名な『クロイツェルソナタ』第9番イ長調作品47を前述のように余り聴いていませんでした。
ヤナーチェクは、時々聴くんですがねぇ(笑)。
この4枚組のレコード、購入した当時8,800円したんですよね。
当時いくら給料を貰っていたのか良く思い出せませんが、結構思い切って買った事を覚えています。
リヒターのマタイ受難曲とか、バッハの無伴奏チェロ組曲全集なんて箱物も幾つか買いました。
当時独り者でしたから、多少生活を切り詰めれば、このくらいの贅沢はできました。
レコードを聴きながら安い赤ワイン(もちろん一升瓶)とフランスパンとブルーチーズ一かけらで、休日一日呑んで過ごしておりました。
そんな時代を思い出させてくれる、このレコード。
幸いまだ傷も黴も無く、録音も現在のCDの音と比べても遜色はないでしょう。
曲は覚えていなくても、初めてプレーヤーに載せたあの頃の嬉しさだけは、今も忘れません。

Youtubeから庄司紗矢香さんとイタマール・ゴランさんの演奏を張っておきます。
お暇ならお聴きください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2877-2f7d728e


Powered by FC2 Blog