プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


さあ、大変!

ノンビリ構えていたら、もう週明けは11月10日、某小学校へ県からの依頼で『エコティーチャー』として招聘されるのは18日と、今日から数えても10日余りしかありませんぞ。
『牛丼一杯作るのに使う水はどのくらい??』なんて、お話一つじゃ持ちませんよね。
それじゃ『リサイクルは環境にやさしいってホント??』をでっち上げましょう。
今の世の中、環境保護の愛言葉、皆さん知ってる『3R』つまり、リデュース、リユース、リサイクル。
以下詳しい説明をコピペすると(笑)
Reduce(リデュース)は、使用済みになったものが、なるべくごみとして廃棄されることが少なくなるように、ものを製造・加工・販売すること
◦Reuse(リユース)は、使用済みになっても、その中でもう一度使えるものはごみとして廃棄しないで再使用すること
◦Recycle(リサイクル)は、再使用ができずにまたは再使用された後に廃棄されたものでも、再生資源として再生利用すること
この中で皆さん一番関心があるのはリサイクルですよね。
本来ゴミとして捨てられるものを、他の用途に再生して利用しようと云う試み。
以前も投稿した事がありますが、ペットボトルや紙パック入り牛乳なんて、今は皆リサイクルしていますが、本来は燃えるゴミとして処理していました。
勿論それはサーマル・リサイクルとして燃やした熱を回収して役立ててはいました。
ゴミ処理場の隣に温泉施設や温水プールを作ったりしてますよね。
これがサーマルリサイクルです。
ゴミが燃える熱で水をお湯に変えるんですね。
本来これがペットボトルや紙パックの正しい処理方法だったんですが、燃やすのは勿体ないって思う人達が居たそうで、廃ペットボトルに高熱を加え繊維状にして、縫いぐるみの中綿やフリース素材に変えたり、紙パックから多くの工程と手間を掛けてトイレットペーパーにしたりしました。
これらをリサイクルするのに投下するエネルギーとコスト(人件費)は相当なモノ。
オマケに、リサイクル法と云う摩訶不思議な法律が有って、ペットボトルに飲み物等を詰めて販売する業者から、数量によって課金を取り、これをリサイクル奨励金として使うワケ。
どうも胡散臭い話ですよねぇ。


だ、だめだ!、純真な小学生に対し、夢も希望も持てないような話になっちまう(笑)。
そんな事言ってるけど、明日は、BDFにイチャモン付けましょう。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

素晴らしいです。

小学生どころか、私の勉強にもなります。
講義できるというその権威に脱帽です。

できればTVで放映してもらいたいと思うほどです。

Re: おはようございます。

NANTEIさま、重ね重ねコメントをいただき恐縮いたします。
講演するネタはおおいのですが、お子さん相手となると、裏表がはっきりしたお話をしなければなりません。
ついウッカリ、口を滑らせ本当の事を言ったりすると、とチョット不味い事になったりしますからね。
テレビ放映なんてトンデモナイ、一昨年と昨年(生番組でした)エライ目にあいました。
下手をすると、地元ローカルのケーブルテレビが来るかもしれませんなぁ。
もう沢山です(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2880-7dacdd6e


Powered by FC2 Blog