fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


準備完了??

久々に小学校へ出向いての環境学習会。
この前依頼が有ったのは、何時だったか覚えていない程前の事、まだエコティーチャーなんて制度が無くて、環境カウンセラーの肩書きで、雨水の活用に付いてお話ししたと記憶しています。
確か使ったPCはLaVieでしたが、RAMが256Mb.と非力で苦労したのを覚えています。
現在使用しているノートは、ⅭPUこそCOREi5ながらRAMを悪戯に16Gbt積んでいると云う代物。
HDⅮは、勿論SSDなので容量こそ少ないですが、プレゼンに使うのに最適なマシン。
他人が見たら、オイオイ、と言いそうなログオン画面を標準の無難な画像に戻し、警察等に押収されると非難を受けるであろうデスクトップの壁紙も標準に戻し、準備完了。
プレゼン用のデータも、かの小学校バージョンに切り替えました。
後少し再生可能エネルギーに絡む問題点を挙げ、バラ色の未来なんて無い事を(ウソです)教えなきゃね。
太陽光発電の問題点は時々投稿してますが、
チョット目先を変えた小水力発電について。
排水路や小川、農業用水路などの小さな水域にある、小さな位置エネルギーをりようして水車を回し発電しようと云った考えです。
塵も積もれば的発想なのですが、各水域に水利権が絡むのも難しい問題ですし、元々発電用に作られた水路ではないので、ごみが溜まった時の対処方法や水車によって流れが弱まったりすると、元の水路を使った仕事に影響をあたえかねません。
四六時中水路を見て回るのも、コストパフォーマンスを考えても不合理ですし無理があります。
さて、どういう説明をしましょうかね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2888-1781218b


Powered by FC2 Blog