fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


なぜテロや紛争が起きるのでしょうか??。
宗教上の対立、民族間の対立、地下資源をめぐる対立、イデオロギーによる対立。
一般的に云われているのは上記問題が大きいそうです。
私の持論として、食料や飲料水等、私たち人間が生存してゆくため、最も重要、な物資が一部の国や地方が独占してしまい、他の多くに国々や地方に行き渡らないのが原因だと考えています。
その元凶に民族対立、宗教の違い等が絡んで複雑化しているのでしょう。
例えば以前投稿したように某社の牛丼一杯作るのに必要な水(仮想水を含む)は2,000リットルの真水を必要とします。
この牛丼の中で最も水を必要とするのが、牛肉です。
牛丼一杯に使われる牛肉は、僅か65グラムだそうですから、牛一頭育てるのに必要な水は凄まじい量に成ります。
これを餌となる穀物に換算した場合と、そのまま穀物として食べる場合とを比較すると、豚を肥育するのに必要な穀物は4倍必要だそうです。
これが、牛になると10倍だとか。
肉食中心の民族は、穀物を多く食べる民族に比べより多くの食糧を摂取している事に成ります。
そんな食料を大量に消費している民族の人口にくらべ、穀物等食料が高騰し手に入りにくくなった民族の人口は遥かに多いそうです。
そんな何時も飢えや渇きに晒されている民族の多くは食料等を求めるため暴動や略奪を繰り返したり、他の豊かな土地に移ろうとして、元々棲んでいる人々と争いが起こるやもしれません。
短絡的ですが、水や食料が全ての人々に行き渡りさえすれば、悲惨な飢餓や紛争や戦争などの争い事も無くなるかもしれません。
今地球全体で生産される食料は、全ての人々がお腹一杯食べることができる量があるそうですが、今も食料は一部の国に集まり、その他多くの国々に住む人々は常に飢えに晒されていると云われているそうです。
学校等に招かれ、環境のお話を子供たちにするとき必ず、このお話をして話を締めくくっています。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/2960-418c610b


Powered by FC2 Blog