プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


現在使用しているスピーカーは、KEFのCoda70と云う小さな箱。
本国製ではなく、某国で作られていた物ですね。
以前投稿したように昔は一緒前にアコースティックリサーチ(AR)のアコースティック・エアサスペンションタイプを使っておりましたが、エッジも切れてしまい、結局上記スピーカーになった次第。
ごく小型のバスレフタイプですが、バスレフポートをウレタンのアダプターで塞ぎ、密閉型??としても使える構造。
KEF coda70 ブラームスピアノ曲集
サムネイル画像をクリックしていただくと大きな画像でご覧いただけます。
12年以上前に二本セットで42,000円でしたが、贅沢言わなきゃこれで充分。
どうせ、大きな音を出すと騒音として家人に文句を言われますからねぇ。
久しぶりにブラームスのピアノ曲集から作品10の4つのバラード他を聴いております。
ヴァレリー・アファナシェフの演奏によるCDからです。
久しぶりに聴くブラームスの初期音量を絞って、春の夜に相応しいピアノの音色。
薀蓄なんて難しい事をさらけ出さず、オトナシク聴くのも又一興。
在宅ワークなんて聞こえはよいのですが、プライベートと仕事の区切りが上手にできません。
ついでに珈琲の消費量も増え、キリマンジャロ・キボーAAを200g焙煎したりと結構忙しいですね。
ジェネカフェを235℃に設定し、15分18秒の処で冷却しました。
電池切れで画像はありませんが、ミディアムロースト程度で酸味と苦味のバランスを楽しめる筈???。
スポンサーサイト

コメント

英国製小型SP

KEF、いいですね。

わが家でも同じ英国Celestionの一番小さい「1」が現役で稼働中です。

いろいろ試した結果、半球状のゴムを使って宙に浮いたようにセッティングしてます。

音質的にはバイオリンやアコースティック・ギターなど弦楽器が綺麗に聞こえるSPだと思いますが、ボリュームを大きく右に回すと小さい図体に似合わず良い鳴りっぷりに驚きます。

ジャズ喫茶に持ち込み、その鳴りっぷりに、小型SPを小馬鹿にしていたマスターに「どんなもんだい」と言った憶えがあります。

Re: 英国製小型SP

Celestionですと、Celestion15を思い出します。
小型スピーカーは、点音源に近いので、音像の定位が良いのでしょうね。
歪率が低く、小さくてもパワーが入るスピーカーは好いと思います。
CHSさま、コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3027-db3a20b5


Powered by FC2 Blog