プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


菜種梅雨の晴れ間

一昨日から一旦仕舞い込んだ湯たんぽが復活すると云う、寒の戻りと云うか「菜種梅雨寒?」の毎日。
それでも今日は一旦晴れると云う天気予報でしたが、午前中は薄日が差す程度。
なんとか午後は陽も出たのですが、余り気温は上がらず13℃まで届きませんでした。
この先一週間も殆ど雨や曇りの毎日が続くようです。
菜種梅雨が半月以上続くなんて、そんな経験あまりありません。
まあ、カタクリが咲き終えイチリンソウが咲く頃、晴れ間を気にしていたことを思い出しはしますが、これ程長くて活発な菜種梅雨はねぇ。
在宅ワークの合間にお気に入りのモカ・イルガチェフの焙煎です。
ジェネカフェの中のモカ・イルガチェフ生豆  ジェネカフェの中のモカ・イルガチェフ焙煎豆
上の二つの画像、初めてお目に掛けるジェネカフェという拙宅で使っている電気式焙煎機のドラムの中のようすです。
左が生の豆の状態、右が235℃で15分48秒焙煎し、冷却した状態の画像です。
円い耐熱ガラス製のドラムの中に、穴が多数空いたステンレスパネルで仕切られております。
ドラムの回転により、珈琲豆が上下左右に動き回りながら噴き出す熱風によって煎られると云った機構になっています。
熱風を送る送風機とドラムの回転で動き回る豆の音が結構大きくて、豆の爆ぜる音の聞き分けが難しい処なんですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3030-67626705


Powered by FC2 Blog