プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


あの頃のこと

先週は、アシアナ航空機による広島空港の事故と共に愛川欽也さんの訃報が度々報道されておりました。
私達の年代だと、愛川さんと云う方は、俳優や司会者としても知る以上に声優としてテレビ番組に登場されていた事を思い出します。
先ず、洋画劇場等で、ジャック・レモンの吹き替えが、はまり役でした。
そして、忘れてならないのが、アメリカテレビドラマ『バークにまかせろ』の主役エイモス・バークの運転手ヘンリーの吹き替えを担当されていたのも愛川さんでした。
1970年15歳だった私は、某半国営放送局、夕方の人形劇『ネコじゃら市の11人』を毎日観ておりました。
TBSラジオの深夜放送『パック・イン・ミュージック』のパーソナリティーが声優として多く出演されており、大村麻理子さん、野沢那智さん、そして愛川欣也さん達でした。
そして、同じくTBSラジオの昼番組『それゆけ歌謡曲』の司会者もされていましたよね。
拙宅は山梨県の甲府盆地西北部に位置していたため、東京の放送局を発信する東京タワーからのAM電波を辛うじて拾える状況でしたが、学校の夏休みなど毎日昼からこの番組を聴いておりました。
当時まだTBSの局アナだった久米宏さんが、カンツォーネ歌手(現在は料理評論家??)平野レミさんと共に『男が出るか?女が出るか?』でパシリ的な仕事をされていた事も懐かしく思い出します。
愛川欣也さんの相方を務めていたのが当時やはり同局アナの見城美枝子さんでしたね。
キンキン・ケンケンと相性で呼び合っていらっしゃいました。
女性局アナと云うと、文化放送のレモンちゃんこと落合恵子さんもいらっしゃいました。
当時『みの・みの・もんた・みのもんた』と自称されていた、『みのもんた』さんも文化放送の局アナでした。
あれからもう45年の歳月が過ぎ、私も老境に近づいております故、愛川欣也さんが鬼籍に入られたことも・・・・・。
合掌。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3040-1ab97f10


Powered by FC2 Blog