fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今から半世紀ほど前、私が小学生の頃ですよね。
当時の学説によると『これから地球は寒冷化に向かうだろう』と云われ、皆それを信じていました。
それがいつの間にか地球温暖化説が台頭し、今皆それを信じています。
温暖化の元凶は温室効果ガスだそうで、一番の槍玉は二酸化炭素、そしてメタン、水蒸気もだそうですね。
人間が化石燃料を使う事によって、二酸化炭素排出量が増加したからと云う事になっております。
私は寒がりなので、温暖化大賛成なんてホザクと立場上難しいのですが(笑)、全て二酸化炭素が悪者なのかどうかもはっきりわからないんじゃないかと云った説も有るようです。
人間が暮らし始めた以前、今よりずっと暖かかった頃も有ったそうですし、大きな恐竜達が暮らせるほど豊かな時代だったんでしょうねぇ。
現に温暖化によって北極航路が開け、経済が活発化する国もあるそうです。
農産物にしても、気候変動によって作付する作物を変えて行くべきなんでしょうね。
今までも海退・海進と云った事例もあり、海面の上昇も考えられますが、急激に起こる事は考えにくく、今更二酸化炭素の排出を削減するために大きな費用をかけるなら、海進に備えて堤防の嵩上げを行う方が先決でしょう。
二酸化炭素排出削減のため今までは、原発推進が唯一の策と云われていましたが、福一の事故以後チョット難しいようです。
ならば、再生可能エネルギーに頼れば良いだろうと、皆さんおっしゃいますね。
一番有効なのは太陽光発電だそうですが、5kwの発電パネルを載せたお宅の場合、原発一基に相当する100万kwに対し、幾つの屋根が必要か計算してみてくださいね。
100万を5で割りますから、20万棟のご家庭の屋根にパネルを載せる事になります。
戸建て20万棟??家族4人が暮らす都市なら、ざっと人口80万人の大都市に相当・・・・・??。
以前も良く投稿したように、太陽光発電パネルを作るのには膨大なエネルギーコストとともに原料であるシリコンの生成に
必要な大量の石炭、電力も必要になるそうです。
そのため、電力コストだけを考えた場合でも、日本で太陽光発電パネルを製造すると大幅な赤字になる・・・・??なんてね。
スマート発電なんてバラ色の説をぶち上げる会社もありますが、そのための費用はどのくらいかかるんでしょうねぇ。
都会じゃ兎も角、田舎じゃ先ず無理でしょうよ。
二酸化炭素削減の旗印で、結構おいしい業界も多いようですし・・・・・・。
お昼寝の時間  夕方のシャボン玉
ママが仕事なので今日も孫二人を夜まで年寄二人が保育しておりました。
左は昼食後の午睡、右は夕方日が沈んでからのシャボン玉遊び。
まあ、この子達のためにも省エネしなきゃね。
先ずテレビを視ない、これだけで原発幾つか必要なくなります(笑)。
スポンサーサイト



コメント

こんばんは

ソーラーパネルを設置したら電気代が助かるのかな~と思うものの、設置台の費用はあまりに大きい!
どっちが得なの~と考える間に節電した方がいいかも?
子供の寝ている姿って、なんでこんなに癒されるのでしょうね。
私だけでしょうか^m^

Re: こんばんは

レディピアノさまコメントありがとうございます。
家庭用ソーラー発電を完全否定しているわけではありません。
各ご家庭で、考えてなされば良いわけなんです。
現在お住いのお宅にソーラー発電設備を設置する場合、大抵屋根等の補強や配電設備の更新等が必要に成る事が多いのが現状。
それでもソーラー発電設備の設置をお望みなら、新規に家を建て替える際に考えるのが最も安価で効率的ではないかと思います。
我孫ながら幼子の寝顔、本当に癒されます。
人ばかりでなく、動物の子供の寝顔は可愛いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3053-19100751


Powered by FC2 Blog