プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


私が罹患している『拡張型心筋症』は特定疾患、いわゆる国指定の難病で、医療費を一部国庫補助していただいております。
そのため、今年も例年と同じように特定疾患医療費受給者証の申請を行う季節となりました。
先ず所在の保健所の健康支援課から申請に伴う書類が送られてきましたが、その最も重要な書類で、主治医が記載する「臨床調査個人票」が大幅にリニューアルしているんですよ。
P1 P2
P3
このように3ページに渡り詳細に症状等を記載するようになっています。
サムネイル画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
明日が5月の定期通院日なので持参するのですが、前もって検査等の準備もあり、今朝主治医宛にメール添付でPDFファイルに変換して送っておきました。
医療費自己負担額上限管理票の記載もあり、今回法体制がだいぶ変わりました。
提出する証明書類も多くなりその分負担も増大するわけです。
手続き的にも時間が掛かりその分だけでもコストアップするような気がするのですが・・・・・。
これも構造改革そして医療改革なのでしょうか。
私達のような弱い立場の難病患者に負担を強いるのはチョット酷すぎませんかねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3074-83635023


Powered by FC2 Blog