プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日は6月2日、九州と山口県が梅雨入りしたそうですね。
大半の皆さんは梅雨と云うと毎日ジメジメして雨模様の日が続く憂鬱な季節と思われている事でしょう。
でも、この季節に雨が降らないと、次の雨の季節である台風シーズンまで『雨がお預け』なんて事が実際に起こるんですよ。
今から40年ほど前の東京では、夏になるとテレビニュースで毎日奥多摩湖の映像が流れていました。
奥多摩湖は人造湖で、小河内ダムと云います。
当時、東京都の水瓶であった、この小河内ダムの水位がどんどん下がってしまい、水道水が足らなくなり断水とか時間給水とかが行われた事が毎年ありました。
今は利根川他の水源が充実しているので知らない方も多いかと思います。
断水した地区には給水車が走り、住民の皆さんがバケツなどを持ちより水を運んだそうです。
私達山梨環境カウンセラー協会では、以前から雨水の有効活用についての啓蒙活動を続けて参りましたが、特に今年度からロータリークラブより資金をいただき、より充実した雨水利用の促進を図っていくことになりました。
昨年5月に施行された雨水の利用の推進に関する法律(雨水利用推進法)を受け、今年3月に国土交通省は「雨水の利用の推進に関する基本方針」を示し、国や独立行政法人の施設において両省利用システムの導入が原則となったそうです。
この法律では、国や独立行政法入が新たに施設を建設するとき地中梁を利用できる場合には、原則として洪水防止対策の観点から地下に雨水タンクを設置して屋根に降った雨水を貯留し「渇水と防災対策の観点から貯留雨水を有効利用することになりました。
あのスカイツリーにも雨水を貯める設備があるんだそうです。
タワーの展望ロビーや隣接のビルの屋根から集められた雨水は、広大な屋上緑化の散水や太陽電池の冷却などに活用されているそうですよ。
そして、雨水を貯めて置く事は、最近流行りの『都市型洪水』を緩和する効果も期待できるんです。
長くなりましたので、又次の機会に投稿しましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3082-d5b8dd5c


Powered by FC2 Blog