プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日6月3日、今日は四国中国地方まで梅雨入りが進んだそうです。
私が住む地域も間もなく梅雨入りすることと思います。
そんなわけで今日も昨日の続き、雨の話をしましょう。
以前も投稿しましたので「またかい」と思われる方もおられるでしょうが、お付き合いください。
誰もが知っているように私達が飲用、炊事洗濯或いは仕事で使われている水は全て雨がその源ですね。
地球は水の惑星だそうで、地表の7割は海に覆われているそうです。
でも、その海の水つまり海水は、私達がそのまま利用できる真水ではなく、塩分(塩化ナトリウム等)が3%も含まれていて、塩っぱい事は、皆さんご存知の事。
海水以外の真水は極地の氷が多くそのまま使うことが出来ず、河川や湖水、そして地下水は極僅かだそうです。
その頼みの湖水や河川の水はそのままでは、水道等に用いる事はできず、浄水設備がひつようになります。
又流域から有害成分が流れ込む恐れもあります。
地下水はどうかと云うと、地下水は極わずかで、地下を流れる際地表水以上に色々な成分を含む事もあります。
中には砒素他の飲むと毒性が強い地下水もあるそうです。
そんな事もあり、雨水が良質な水源であることが見直されています。
雨水は、地表や海の水分が蒸発して水蒸気になり、再度冷えて集まり雨粒となって地表に降ってくる事は皆さんご存知ですよね。
これって、理科の実験で学んだように水を蒸留して再度冷やして液化した蒸留水の作り方と同じなんですね。
つまり、雨は蒸留水と同じなんです。
何の成分も含まず、無味無臭、そんなわけは無いと仰る方も多いと思います。
もちろん雨の降り始めには空気中の不純物を含むと云いますが、暫く経つとそれらが全て洗い流され、下手な蒸留水より純粋ないわゆる純水に近い水を得ることができるそうです。
「水清ければ魚住まず」と云う諺がありますが、全くの純水では水棲生物も生きてゆくことが出来ないとの事で、清浄な雨水を貯留しておいた水槽に魚を入れると死んでしまったと云った話を聞いたことがあります。
さて、まだまだ続きますが、今回はここまでにしておきましょう。

Youtubeからクレーメルとアファナシェフによるブラームスのバイオリンソナタ第一番『雨の歌』張っておきましょう。
駄洒落です(笑)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3083-ca8948dd


Powered by FC2 Blog