fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


sankichi1689さまのブログ『石狩国音楽記』にパイヤールの『音楽のささげもの』のお話が掲載されておりました。
この曲にはチョット思い入れがあるものですから、コメントさせていただきました。
初めて大バッハ作曲、音楽のささげものBWV.1079を聴いたのは、日本コロンビアがデンオンのブランドで、世界で初めてデジタル録音したシリーズのレコードでした。
PCM録音機
1975年頃当時20歳になったばかりでした。
自動車教習所からお祝い金を戴く程、同教習所の教習料金、売り上げに貢献したものでした(笑)。
分不相応なステレオ装置を揃え、音楽を楽しんでおりましたが、独り身とはいえ、薄給のためレコードを買うなんてナカナカできませんでした。
購入したレコードは、殆ど1,000円の廉価盤でしたが、それすら買えずに某半国営放送局のFM番組をカセットに録音して楽しんでおりました。
DENON PCM  インナーとライナーノーツ
当時からお世話になっていた、もう今は店を閉めた甲府市のミュージックショップ・サンリンで、上記月軌道上に上る地球が描かれたジャケットの『INVITATION TO DENON/PCM』と云う有償販売されていたサンプルレコードを紹介され、購入したのが「音楽のささげもの」に出会った切っ掛けでした。
販促用のサンプラーと云えど1,000円もしましたが、B面の最初のトラックに「オーディオ・テクニカル・チェック」と云うトラックが用意されていて、位相やトラッカビリティ他のチェックをする事ができました。
そのA面二曲目に収録されていたのが、パイヤール指揮パイヤール室内オーケストラによる「音楽のささげもの」の冒頭「三声のリチェルカーレ」でした。
サンプラーの右側に覗いているのが、その全曲盤ですが、当時1枚2,500円のレコードです。
右側の画像、サンプラーのライナーノーツとインナー(内袋)ですが、ご覧のようにインナーには台紙が封入され埃避けの蓋付きでした。
今でもこのパイヤールの他、安田謙一郎のバッハ無伴奏チェロ組曲全曲等のレコードが今も健在なんですよ。
そうそう、肝心の『音楽のささげもの』ですが、ランパルのフルートで始まる三声のリチェルカーレ、とても冷徹な響きで、思わず身震いした事を思い出します。
しかし、逆にそれが良いイメージを感じ、2,500円で全曲盤を購入した次第です。

Youtubeにハープシコードによる独奏で三声のリチェルカーレが在りましたので張っておきます。
この演奏も冷たい響きですが、パイヤールは更に冷徹に感じました。
スポンサーサイト



コメント

おお~カセットに録音!懐かしいです。
私も学生時代経験がありますよ。同じく某半国営放送局のFM番組にはお世話になりました。
エアチェックという言葉も今は死語でしょうか。
昭和は遠くなりにけり・・・ですね。

もちろんLPレコードも記憶にあります。
私も廉価版が多かったのです。たまに2800円とか2500円とか出すとずいぶん奮発した気分になりました。
ジャケットを眺めるのも楽しみでしたね。
LPを自分で買い始めてすぐに時代はCDの時代になってしまいました。
LPプレイヤーもすぐに処分してしまいましたが 時々あの音が(サーという針音も含め)なつかしくなりますね。

Re: お名前を存じ上げないお客さまへ

お名前を存じ上げないお客さま、コメントありがとうございます。
私と同じお年頃でしょうか。
貧乏性なので、ある程度レコードの枚数もありますし、わざわざCDに買い替えるのもねぇ。
さすがにCDの方の枚数が一桁誓うようになりましたが、時々こうしてレコードを掛けてその頃の事を懐かしく思い出しています。
FMエアチェック?今の若い皆さんはごぞんじないかもしれませんねぇ。
時々アンプに繋がれたチューナーにも火を入れ、アンプのラインアウトとPCのラインインをケーブルで繋ぎ、HDDにウェーブデータとして録音し、これをCDRに焼いて保存し聴くときもあります。
某半国営放送局の番組はライブ録音が多いので、保存したくなる音源も多々あります。
昔のようにFMfanのような雑誌がありませんから、局のホームページから情報を得ております。
今もFM専用アンテナを使っているので、割と良い音で録音できます。
アナログ電波からのアナログ音源をデジタル変換して、パソコンで処理しますから、一応PCM録音なんですよ(笑)。

失礼いたしました!上のコメントは私です。
今もエアチェックなさっているのですね。
しかも当時は雑音に悩まされていたような記憶があるのですが、(雷なんて鳴った日にはそれはもう・・・) 今ははなんとPCM録音ですか!音質もかなりいいのでしょうね。
FM雑誌も昔はいろいろありましたよね。FMレコパルとかFMステイションとか。綴じ込み付録にオリジナルのカセットラベルがついてたりもしました。

Re: タワシさま

改めまして、タワシさま、コメントありがとうございます。
だれかなぁ??だれかなぁ?と、足跡をさがしたのですが、まさかタワシさまだとは!・・・・・こちらこそ失礼いたしました。
FMエアチェックも一応PCM録音なんですが、FM放送のと云う音源自体はアナログなので、どうしてもノイズは入ります。
遠雷どころか、どこかの部屋でスイッチを入切しただけでも同じ事。
全く昔と同じなんですよ。
カセットデッキやレコーダーがパソコンに替わっただけですもん(笑)。
FM雑誌も沢山ありましたが、私は保守的(笑)なので共同通信社が発行していたFMfan一本でした。
結局最後まで残ったのがこの雑誌でした。
今は、輸入CDのボックスセットなら、一枚あたり200円台から100円台で手に入るようになりました。
FM放送やYOUTUBEで、気に入った曲が有ったら、某通販サイトを漁り、買う事が多くなりました。
昔一枚2,500円以上したレコードが、レンタル料金以下で購入できるなんて、想像もできませんでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3094-b4e15be9


Powered by FC2 Blog