プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


昨夜の、シューマン作曲花の歌 変ニ長調 作品.19と同じディスクに納めれている、ピアノソナタ第2番ト短調作品22が今夜のBGM。
ウラジミール・アシュケナージのピアノ独奏です。
以前、某テレビドラマで主人公の女性が、この曲の第一楽章をコンクールのファイナルステージ課題曲として演奏すると云う件が在るので、結構有名になったものです。
そのドラマでは細かい事に触れず、ただシューマンのピアノソナタとして演奏されていましたね。

一度聴いたら忘れられないくらいのインパクトを誇る第1楽章、そして穏やかな第2楽章、再度激しさとピアノの美しさしさを取り戻した感がある第3楽章、精緻なピアニズムが要求される第4楽章。
何処を取ってもシューマンのピアノソナタ全3曲の内、最も個性が強く、ピアノテクニックが要求される曲ですねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3100-5b9cb110


Powered by FC2 Blog