プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


2010年から聴き始めた、ローベルト・シューマンの主な作品を収めたマスターワークス全35枚組を今夜で聴き終える事になりました。
なんと5年以上掛かりましたが、充分楽しめました。
今までこの手のセット物は、メンデルスゾーン30枚、ブラームス46枚、そして今回のシューマンとなった次第。
尤も、それぞれ聴き始めたのも購入後直ぐではなく、遅れてしまった物もありました。
仕事の都合や急に聴きたくなったレコード、CDも多くありまして・・・・・(笑)。
今から40年以上前高校生の頃、初めて買ったLPレコードは、ヨーゼフ・クリップス指揮ロンドン響が演奏するベートーベンの英雄交響曲でした。
もちろん当時クラッシック廉価盤として販売されていた日本コロンビアのダイヤモンドシリーズで、凱旋門の写真が載っていたような記憶があります。
その後、父の友人から1970年カール・ベームとウィーンフィル来日記念盤として販売された、ベートーベンの第九を貰ったりと、次第にレコードの枚数も僅かながら増え始めましたが、親がかりの高校生が何枚も買える筈もなく、某国営放送局のFM放送が頼りでした。
修学旅行の小遣いをケチり、カセットデッキを手に入れて、上記放送をエアチェックしながら聴いていたものです。
AM放送やテレビ放送からも色々な音楽について覚えました。
オスカー・ピーターソンやMJQは、中学生の頃やはり某半国営放送局のテレビ番組「世界の音楽」で知りました。
メンデルスゾーン マスターワークス  ブラームス コンプリート エディション
シューマン・マスターワークス
これらが今まで登場したボックスセット。
限定盤なので、もう市場には余りないかもしれませんし、価格も高く成っているようです。
作曲家のアニバーサリーイヤーに因んで販売されるようですが、各通販サイトから自動的??に連絡が入り、結局ポチる事になります。
次は誰のボックスセットを聴きましょうかねぇ。
本題に戻り、今夜のシューマンは、オメロ・フランセシュのピアノで、子供のためのアルバム作品68抜粋。

Youtubeから、作品68-10『楽しき農夫』おそらく、聴くとあの曲かと思いだしますよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3110-4628e305


Powered by FC2 Blog