プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


お犬様とお猫様

家の家族、尻尾を持つ動物たち犬のカイと猫のミー、彼らは結構贅沢ですよ。
今日は、猫のミーに外部寄生虫駆除剤を点けるために掛かり付けのペットクリニックに連れて行きました。
他ミーには、慢性腎不全用療法食、そしてカイにもペットフードと蚤除けとフィラリア予防の薬を用意して、20,000円がチョット欠けるくらい。
それでもミーのために服用させているノバルティスファーマ社製、慢性腎不全の薬が、獣医師不在につき、処方できないとかで、明日になるとの事。
これで合計20,000円オーバーと、飼い主は、ハローワークで失業給付を申請したり、勤務先からの薄給アルバイトに精を出さねばならぬ立場。
この出費が、ほぼ毎月続くのです・・・・・。
犬のカイ  猫のミー
犬のカイは、母親がコーギー、父親が甲斐犬との雑種。
猫のミーにしても八割れ斑猫ですから、和猫の雑種。
飼った以上責任がありますから、最後まで面倒看るのは当然です。
ミーはシックスティーンを過ぎた老猫、いつお迎えが来てもおかしくないのですが、元気に壁紙で爪を研いでいます。
この10月やっとローンが終わる拙宅ですが、壁紙は全てボロボロです。
因みに彼らのペットフードは、おフランス製の高級品。
フィラリアや蚤の薬だってグルメな犬用の美味しそうな薬。
安いいかにも薬っぽい物は、幾らドックフードと混ぜようが、食べないんです。
お犬様とお猫様、二匹とも大事な家族ですから、私も頑張って働いております(笑)。
そうそう、オオムラサキを探しに雑木林に出掛けましたが、まだ少し早そうでした。
まだ早い?
もう樹液の臭いがしても不思議じゃないのですが、まだ先のようです。
今日のBGM、何の脈絡もありませんが、急に聴きたくなったプロコフィエフのピアノソナタ第3番『古い手帳』作品28。

小林愛実さんの演奏をYoutubeから張っておきます。
激しい巻頭部分と抒情的な場面の対比が凄く好きなんですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3122-cf5b1b4a


Powered by FC2 Blog