プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


台風の余波でしょうか、一日中蒸しゞするようにまるで風呂に入って居る様な気分になる今日の天気。
午前中雨が時折強くなったり弱くなったり降り続いていましたが、午後には時折雲間から陽も差すようで、更に蒸し暑くなりました。
今朝は、週1日出勤してリアルなお仕事に向かう途中、某半国営放送局のFM放送でリストのピアノ協奏曲第1番を流していました。
久しぶりに聴く曲でしたが、結構新鮮な気持ちで聴く事ができました。
そんなわけで帰宅後、再度この曲を聴き直してみましたよ。
スビャトラフ・リヒテルのピアノ独奏、キリル・コンドラシン指揮のロンドン響による1961年7月の録音のレコード。
リヒテルのリスト
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
4楽章形式で書かれているそうですが、切れ目なく演奏されるうえ、循環形式とかで、1楽章の主題が4楽章に現れたりするため、単一楽章の曲のように聴こえます。
又、このピアノ協奏曲第1番は、トライアングル協奏曲と揶揄されるとの事。
お恥ずかしい話、今日までその事に気が付きませんでした。
第3楽章で、トライアングルが大活躍するのですが、そう言われるまで、知りませんでした。
どちらかと云うと、家では、ボリュームを絞って聴いている事がおおいので、トライアングルの音に気が付かなかった???。
車の中では音量を上げても問題ないので大音量(笑)。

Youtubeに若いお嬢さんが弾く同曲の演奏がありましたので張っておきます。
トライアングル協奏曲たる所以をご堪能ください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3128-a527e2df


Powered by FC2 Blog