プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


猫のミーが他界したときや荼毘に付すとき、もう諦めていたせいか、それ程悲しいと思いませんでした。
こう云った場合、数え年で表すので、享年17歳と火葬申込書に書き込む時も、火葬炉が閉じる際も同様。
手洗い(前足洗い??)用具や食器類を片づけている時でさえ冷静でおりました。
昨日週一の出勤から帰宅して玄関に入る時、以前なら二階からミーが階段を駆け下りてきたのですが、それが無い・・・・・。
夜寝る際も、私と嫁の顔を挟んでいた筈のミーも居ないわけです。
朝も起こしに来る筈の彼女は、もういない。
給餌する必要もなく、食器が置いて在った場所も・・・・・・。
仏壇の隅に香箱を組むミーの画像を小さくプリントして、首輪と一緒に置いてあります。
ミーも14歳を過ぎました。
この画像は14歳になった頃、やっぱり香箱を組んでいます。
線香を手向け、早くミーの事を忘れなきゃと思うのですが、瞼の裏に彼女のすました横顔が浮かびます。
別に食事が喉を通らないとか、やたら悲しいとか、ふさぎがちになるわけじゃありませんが、何となく彼女とかかわった日々を懐かしく思うんです。
保育園がやすみなので、今日も働きに出る長男の嫁から2人の孫の保育を頼まれましたが、孫達を天敵と思ってるミーがいないのも一寸寂しい処でした。
そんな孫達にもミーは、天国に行っちゃったんだよって、伝えました。
残ったキャットフードは犬のカイ君が、ご機嫌で片づけてくれるそうなので、任せましょう。

何の脈絡もありませんが、雷雲が遠のき夜風が冷たく感じる夜に聴きたいのはスクリャービン。
スポンサーサイト

コメント

外出も効果がありますよ。
うちの中にいると増々思い出されるようですよ。
家族ですものね。
なかなか空虚感は埋めつくせないと思いますが、
浸り過ぎるのは、毒ですよ。

Re: hippoponさま

確かにそうですね。
時が経てば、次第に思い出も薄らぐとおもうのですが、
まだ修行が足りません。
hippoponさま、ご指南ありがとうございました。

何せ失恋は、、、はい、、
にてましゅ、、ww

Re: hippopon さま

失恋ですか??、恥かしながら経験がないのでよくわからないんですよ。
初めて異性と・・・・・・本気に・・・は、今の嫁だったわけで、それ以来続いていますから(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3141-b06e8e02


Powered by FC2 Blog