プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


最近良く聴いているのは、シューマンのグランドソナタ或は、管弦楽の無い協奏曲とも云われているピアノソナタ第3番ヘ短調作品14。
手持ちの音源は、マウリティオ・ポリーニの演奏によるCD。
この演奏では、旧来の3楽章構成のようです。
Youtubeに今年のショパンコンクールにエントリーされている、12名の日本人ピアニストの一人、中川真耶加さんの演奏がありました。

特にこの曲、第2或は第3楽章にクララ・ヴィークの主題による変奏曲が使われているんですが、以前も投稿したように、変奏曲が好きな私としては、3曲あるピアノソナタ中一番のお気に入りなんですよ。
スポンサーサイト

コメント

ポリーニ、なかなかすきです。
で、音がきけるお昼にきかねば、、
今日は、帆船のセールドイルでした。
青い空によく映ってました。
お出かけ久しぶりでした。

Re: hippoponさま

ポリーニがショパンコンクールで頭角を現したのが1960年だそうです。
若手ピアニストなんて云われておりましたが、いまや73歳の重鎮。
手持ちのシューマンは2000年頃の録音だそうです。
セイルドリルが見られるなんて羨ましいですね。
当地、周りは全て山ですから(笑)。

明日の記事にしました。
セイルドリル、、まちがって、、
ヨットはセーリングで統一、
子供のころからの耳で覚えた言葉で、、
恥かしながら、、

味の素は、あじものとで、ときとして。でそうになります。お粗末ww。

近頃のショパンコンクールのグランプㇼさんたちは
機械的で、表現力、思い入れと言う点ではどうなのかしら?
と言っても、聞いてない生活してますけど。

Re: hippoponさまへ

hippoponさま、おはようございます。
ご本人にとっては気になるかもしれませんが、それほど気にする必要は無いと思います。
子供のころからの思い込みなんて、私にもイッパイありますし、人がどう思おうと気にしない気にしない(笑)。
それが、その方の個性だったりしますもん。
コンクール出身の演奏家さん達も、時間と経験で熟成されるんじゃないでしょうか。
それを更に期待して、若い方達の演奏を楽しみたいと思います

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3142-5468cb0d


Powered by FC2 Blog