プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


皆さん、モーツァルトは、フルートが嫌いだったって話知ってますか。
当時は、今のフルートと違い、穴が開いただけの横笛なので、難しい演奏もできず、音程も不安定で大きな音も出せなかったそうです。
それでもお金を稼ぐには、客の依頼でフルートの曲を作曲しなくてはならない事も有ったそうです。
室内楽や協奏曲の依頼を受けて、室内楽は作曲できても、協奏曲は、オーボエ用の曲を編曲してお茶を濁した????なんて逸話もあるくらいのフルート嫌いだったとか。
その他幾つか原因があったり、唯作曲が間に合わなかった言い訳だった等・・・・・・。
所説ありますが、フルートが嫌いだったら、先日紹介したフルートとハープの協奏曲や、これからご紹介するフルート四重奏曲のような、美しくて素晴らしい曲ができたのか不思議ですよね。
フルート四重奏曲第1番ニ長調KV.285、こんな美しい曲を作曲していても、フルートが嫌いだなんて?????ねぇ。

YoutubeからKV.285の演奏を張っておきます。
これで、フルートはきらいだ・・・なんてワケ信じられますか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3184-10136cbe


Powered by FC2 Blog