プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日は、月一度予約診療を受けている拡張型心筋症の通院日でした。
9:30の予約でしたが、少し込んでいて、診療を受けたのは10:00頃とチョット遅くなったもののPTINT値は2.4、血圧118/72と管理範囲値に収まっているとの事。
心音他も取りあえず問題なく、次回は10月20を予約しました。
さて問題はここから、院外薬局で薬を受け取るのですが、受付の女性が保険証他を私に返す際に保険証を落としてしまい、それを無意識に蹴っちゃったから、さあ大変!!。
どっか隙間に入ってしまったらしく見つかりません。
いくら探してもダメなので、再発行して貰う事にして、次の予定の職探しにハローワークの個別支援窓口へ。
私ができるような仕事があるわけもなく、失業給付の書類に職業相談に来たと云う証明印を貰って、今度は市役所へ・・・・。
ココで分けを話し、国民健康保険証の再発行手続きですよ。
国保
このように、しっかり保険証に再発行マークが付いてしまいました。
まだ、今日は追記がありますので・・・・・続きを読む≫のクリックをお願いします(笑)。
昼過ぎ、やっと帰宅すると院外薬局から、保険証が見つかったと云う知らせ。
再発行したので、破棄して欲しい旨を伝え、一件落着。
そして、ココからが今日の本題(オイオイ、まだ続くのかい)
昔々、私が高校生になった頃ですから、今から45年近くも前の話。
入学して、親に一部援助してもらい買ったのがサンヨーのセパレートステレオOTTO(オットー)云うブランド名でした。
そして修学旅行の小遣いを残し、SONYのカセットデッキを買い、FM波専用の7素子の八木アンテナ(支柱が物干し程巨大だった)
を屋根に乗せようとしたのですが、大きすぎて諦め、長いアンテナポールを軒先に括り付けて東に向け(東京方面)ました。
城達也さんのジェットストリームが聴き取れる感動を味わいました。
これでFMエアチェックも思う存分やりましたよ。
当時某半国営放送局のFM番組に『名演奏家の時間』と云う番組があり冒頭でFMステレオ放送のセパレートテスト音楽が流れるのですが、左右のスピーカーを夫々鳴らすのは、レコード以上の感動でした。
中学生の頃からFM放送を聴いておりましたが、ステレオで聴いたのは、上記ステレオを導入後でしたね。
一番最初に買ったLPレコードは、ヨーゼフ・クリップス指揮ロンドン響によるベートーベンの英雄でした。
勿論1,000円の廉価盤レコードです。
この演奏も交響曲全集として、CD化され、これも持っています。
廉価盤レコードを年に一枚買うのが高校生では精一杯でしたから、これ以上良いステレオなんて買えるわけがありません。
エアチェック用のカセットテープだって、何度も聴いて都度再録防止用の穴をセロテープで塞ぎ使いまわしておりました。
そして、パイオニアのメカニカル2ウェイ方式の16cmフルレンジスピーカーPIM-16Aを組み立て、自作エンクロージャーに納めて音を競うと云う催しが行われて、参加したのが運の尽き。
何たって、スピーカーユニットそのものをコーン紙にコイルを接着して、大きなフェライトマグネットに取り付けると云ったマジ凄い作業で、後になって、このキット自体が製品化されたと云うシロモノ。
Pioneer PIM-16KTこれが後に市販されたキットです。
もちろん出来は悪かったのですが、作ったスピーカーをステレオに繋いで、一端
のマニア気分でした。
拙宅のブロック塀を作る作業の際、捨てられたコンパネを切って、作ったエンクロージャー、でしたから、掛かったのはスピーカーキット代金とターミナル程度で3,000円と、高校生には大金には違いありませんでした。
そして、何とか高校を卒業して、今も週一日アルバイトとして扱き使われている会社に就職したわけです。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます、

ぢょん・でんばあ さまから 来ました、

お病気で 辛いですね、お大事になさって下さい、 

毎日 愚痴ばかり 書いてます、

院外薬局ですが 最近 待ち時間がながいので 替えました、 
同じ薬を同じ日にち分 お金が違うのです、
釈然とはしませんが ありがとうございます、と帰宅しました、 

世の中は ままなりません、 たか

Re: おはようございます、

たかちゃんさま、いらっしゃいませ。
私の病気は、取りあえず管理されている状態なので、薬を飲んで無理しなければ大丈夫らしいんですよ。
かかりつけ医の院外薬局は、請負で営業しているようで、薬剤師さんや事務の方も複数で、余り待たなくても良いので助かっています。
まあ、ある程度支払う金額が違うこともあるんでしょうね。
今は、ドラッグストアでも保険調剤ができる時代ですし、その場合ポイントも貯まるらしいですね。
調剤薬局も競争の時代に入ったんだと思います。
コメントありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3188-f3ed18b9


Powered by FC2 Blog