プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


さて、今日からオシゴト再開、おまけに明日はリアルな出勤日。
霞を喰らって生きるなんて格好つけた処で、現実は甘くないようですし、多少なりともお金は必要。
先日某通販サイトから購入したDVDを先程まで視ておりました。
1963年のアメリカ映画『野のユリ』主演はシドニー・ポアチエ。
1970年代初め頃、当時NET(現テレビ朝日)の日曜洋画劇場で放映され、淀川長治さんの解説も素晴らしく、大好きになった映画。
その後何度か、テレビ放送もありましたが、録画するまでには至らず、今では全く観る機会がありません。
某通販サイトで安価に販売されておりましたので、購入に至った次第。
マタイによる福音書第6章に出てくる『野のユリ』と云う語句を、題材として作られた物語のようですね。
先日も先祖の墓参りに出掛けたように一応私は仏教徒ですが、このマタイによる福音書第6章だけは一応私の信条として、いつも心に留めています。
この故に我なんぢらに告ぐ、何を食ひ、何を飮まんと生命のことを思ひ煩ひ、何を著んと體のことを思ひ煩ふな。生命は糧にまさり、體は衣に勝るならずや。
空の鳥を見よ、播かず、刈らず、倉に收めず、然るに汝らの天の父は、これを養ひたまふ。汝らは之よりも遙に優るる者ならずや。
汝らの中たれか思ひ煩ひて身の長一尺を加へ得んや。
又なにゆゑ衣のことを思ひ煩ふや。野の百合は如何にして育つかを思へ、勞せず、紡がざるなり。
されど我なんぢらに告ぐ、榮華を極めたるソロモンだに、その服裝この花の一つにも及かざりき。
今日ありて明日爐に投げ入れらるる野の草をも、神はかく裝ひ給へば、まして汝らをや、・・・・・。
自然の花を始めとした生き物達をあいてに活動していると、何が有っても季節どおりに生きている彼らに感動せずにはいられません。
霞を喰らって生きようなんて思ったところで、私などまだまだ修行がたりませんね。
今夜もモーツァルトを聴きましょうかねぇ。
チョット抹香臭くなっちまったんで大ミサ曲ハ短調KV427なんて、いかがでしょうか。

Youtubeから貼っておきますが、ジョン・エリオット・ガーディナーの指揮だそうです。
一時間くらい掛かりますけど、いかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

空の鳥を見よ、播かず、刈らず、倉に收めず、然るに汝らの天の父は、これを養ひたまふ。汝らは之よりも遙に優るる者ならずや。
汝らの中たれか思ひ煩ひて身の長一尺を加へ得んや。
又なにゆゑ衣のことを思ひ煩ふや。野の百合は如何にして育つかを思へ、勞せず、紡がざるなり。
されど我なんぢらに告ぐ、榮華を極めたるソロモンだに、その服裝この花の一つにも及かざりき。
今日ありて明日爐に投げ入れらるる野の草をも、神はかく裝ひ給へば、まして汝らをや、・・・・・。


これがお好きな方が、
私に初めての花束をくださいました。
男の人から花束をもらううのに小父さんではと、
ドイツ語のカードを添えてくださいました。

お葬式に、野の花が間に合うようにやってきて、、
教えられたことをまた思い出しました。
シドニーポアチエって?と思いつつ、調べてみます。

おはようございます。
朝の空気を入れます。

Re: hippoponさま

hippoponさま、いつもコメントをいただきありがとうございます。
マタイ伝第六章、全く信仰など欠片もないわたしですが、この言葉だけは好きなんですよ。
この事を考えるだけで、心が落ち着きます。
映画の野のユリは、Youtubeにも断片的にですが、収録されています。
さて、今夜もブログを更新しましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3195-a0744448


Powered by FC2 Blog