プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


20年以上前と違い、今では珈琲の生豆を扱うお店も増え、拙宅に近い甲府市近郊にも出店しています。
又、インターネットで検索すれば通販でも生豆の購入が簡単に行えると云った良い時代になりました。
それだけ、自家焙煎をする私のような物好きが多くなったって事でしょうか。
昨日も投稿したように最初は、こんな簡単な器具で焙煎を行っていたんですよ。
焙煎用手網
鍋部の直径が11センチ程で蓋状の網が付いています。
焙煎中は網を留め金でロックしておき、飛び散らないようになっています。
銀杏や胡麻を煎るのにも使える小さな手網焙煎器です。
底の部分に生豆を重ならない程度に入れ、網の蓋を締め、ガスコンロの上で「強火の遠火」でまんべんなく火力が廻るように豆を煎ります。
絶えず焙煎器を前後左右に振りながら、均等に火が廻るように煎るのですが、結構疲れる作業です。
次第に豆の色が白から褐色に変わり始めますよ。
すると、パチパチと豆の表面の皮が割れるような爆ぜる音がします。
この状態が『一爆ぜ』です。その後、暫く焙煎を続けると爆ぜる音が一旦止みますが、豆の色は更に濃くなります。
豆の種類によってまちまちですが、この辺りから焙煎度合を判断しながら更に続けるかどうかを決めねばなりません。
何度か、珈琲豆を焙煎する事により、好みの焙煎度合を判断する事ができます。
更に焙煎を続けると、再度少し小さな音で豆が爆ぜる音が始まりますが、この状態を『二爆ぜ』と申します。
この辺りから深煎りの状態になります。
更に焙煎が進むと豆の表面から油がにじみだし光るようになり、煙も多くなります。
この辺りがフレンチロースト、イタリアンローストとして、アイス珈琲やエスプレッソ、或はアレンジ珈琲として楽しむ事ができます。
更に焙煎を続けると炎を上げて燃えだし、炭になってしまうので気を付けましょう。
兎に角、珈琲豆の焙煎は、何度も何度も根気よく続け、自分の好みを見つけ出す事です。
手網焙煎の場合、初期費用は豆代を含めても1,000円程で始める事ができます。
画像でご紹介した焙煎器ですが、最安値なら500円以下で販売されています。
珈琲生豆も100g単位で販売している店もあります。
但し、一つ問題があり、珈琲生豆を焙煎すると、チャフと云って豆の表面を覆っている薄皮が、焙煎中に剥がれ飛散する事です。
恐らく皆さんガスレンジがあるキッチンで作業なさると思いますが、チャフの飛散は酷く、キッチンを仕切っている主の逆鱗に触れる事は間違いありませんし、掃除もタイヘンですよ。
20年近く手網焙煎を続けましたが、その度に嫁はチャフが飛び散るのを、罵り怒り狂うわけで・・・・・。
新兵器はジェネカフェ君
そのため、私は手網焙煎から、このジェネカフェと云う電動熱風式焙煎機に鞍替えしたんですから。
上の画像が、現在拙宅で使っているジェネカフェの画像です。
消費する電力は、1.3キロワット時、つまり13アンペアの電流を使いますから、コンセント一か所を占有してしまいます。
又、契約電力が小さいと、ブレーカーが働く事もあります。
エアコンや電子レンジも真っ青になるような、とても環境に良いとは言い難い装置です。
因みにジェネカフェの価格もそれ相応ですから、ググってみてください。
でも、これならキッチンも汚れませんし、馴れさえすれば、その時の気分や豆毎に好みの焙煎度合に設定する事も可能なんです。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

手網焙煎って、おもしろそうですね。
神社のイベントで、自分で焙煎するって
いうのがあって、友だちが参加していました。
大変だったけど、楽しかったよ〜とのこと。

これを家でとなるとお掃除のことを考えて
躊躇してしまいます。このマシーンなら・・・。

Re: Mieさま

仕事から帰宅しましたので、こんばんはになりました。
いつもコメントありがとうございます。
神社のイベントで珈琲豆の焙煎???凄いですねぇ。
手網焙煎は手軽なんですが、お掃除が大変な事になるんですね。
それも味と思えば、ダイジョブなんですが、10年以上に渡ると・・・・×××となりまして、
やむなくジェネカフェを導入した次第です。
このマシンなら大丈夫なんですが、電気代が・・・・・??です(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3202-690fd2bf


Powered by FC2 Blog