プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


9月は一度も入らなかった、ご近所里山の小さな谷間。
春はキンラン、ギンラン他絶滅危惧植物が咲くので、絶対外せません。
夏は、ウバユリ、ギボウシュ、そしてオオムラサキが鱗翅を翻して舞う。
秋は、ナンバンハコベが咲き、木の実が実る。
そして雑木林の木々が色づく前、オケラ、シラヤマギクその他キク科植物たちの競演。
そんなご近所里山を今日昼に彷徨。
私のような物好きしか入らないので途中から倒木の連続と、私の体にはチョット荷が重いのですが、何とか藪漕ぎ一歩手前のお散歩と云うより彷徨いに近いのですよ。
目的は、オケラ、シラヤマギク、アキノキリンソウ、その他の植物観察です。
オケラ   シラヤマギク
これらサムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
アキノキリンソウ   ウメモドキの実
上の画像左上がオケラ、右上がシラヤマギク、左下がアキノキリンソウ、右下がウメモドキの実。
はさ掛けの彼方に甲斐駒
そして、稲刈りが終わった田圃から、はさ掛けられた稲束の彼方に望む甲斐駒から鳳凰三山。
昨日からの八ヶ岳颪は吹止まず、秋の日差しは強いのですが、少し肌寒さを感じます。
八ヶ岳颪が止まなかったので、放射冷却現象も起こらず、最低気温は13℃以上、最高気温も23℃まで上がり、暖かいのですが、風が強く体感気温は低く感じます。
台風が更に北に進むと、冬型の気圧配置が強まり、一段と風が強くなるんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

昨日の題名の(八ヶ岳〇)はアラシと読みますか?
変換しても出てこないのです。。

台風は、北海道で温帯低気圧に変わっても大騒ぎを引き起こしていますね。
今年は北海道は災難続きでしたね、お気の毒な。。。

(オケラ)とは、また変わったネーミングですね。
ちょっとアザミに似たところが有るような・・
ナンバンハコベとやらは、見つかりましたか?
今年は、急に寒く成りましたね、このへんも例年より2~3度気温が低いそうです。
雪は、早いかな、、、心配。

Re: アイハートブレインさま

アイハートブレインさま、いつもコメントありがとうございます。
八ヶ岳颪(やつがたけおろし)、比叡颪(ひえいおろし)、筑波颪(つくばおろし)等、その土地に吹く冬の冷たい季節風です。
オケラは、アザミ同様キク科植物です。
『山でうまいはオケラにトトキ 里でうまいはウリナスビ 嫁に食わすも惜しゅうござる』と俗謡にも謡われた程有名な山菜だったのですが、現在では東京都では絶滅してしまいましたし、全国47都道府県のうち、20の都県で絶滅あるいは絶滅の恐れがある植物として指定されています。
トトキは、ツリガネニンジンを指す呼称だそうです。
台風も温帯低気圧に変わり更に発達しているそうですね。
被害が少ない事を願っております。
9月5日更新記事http://azumaitige.blog88.fc2.com/blog-entry-3176.htmlをご覧いただくと判ると思いますが、何とか見つける事ができました。
この植物も、東京都、埼玉県、千葉県など、全国6県で絶滅危惧植物に指定されています。
拙宅のご近所里山では、このようなチョット珍しい植物を探し出す事ができます。

こんばんは。

シニアの徒然日記のさくらです。
昨日は拙ブログにコメントありがとうございました。

ご近所に里山があるなんていいですね。
四季折々楽しめますね。

MKさんのブログでいろいろ勉強させていただいています。
といっても 右から左のわたしですが
刺激をいただくことだけでも〇〇症を遅らせることができるかと・・・

これからもどうぞよろしくお願いします。

Re: さくらさま

さくらさま、こんばんは。
当地車が無いと生活が成り立たない、典型的な田舎です。
病を抱えていると、やはり都市部の方が生活しやすいでしょうね。
美術館やコンサート会場も広い駐車場が無いとダメなんです。
公共交通機関を利用したくても、その恩恵にあずかれません。
まだ還暦を過ぎたばかりの私ですが、これからも貴姉のような先輩の皆さんのお知恵にすがり、勉強させていただきたいと存じます。
こちらこそよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございました。

MKさん、おはようございます。
北海道の荒天も少しおさまってきました。

さて記事と関係ない話題で恐縮ですが、ホロヴィッツさんのクライスレリアーナをYOUTUBEで聴きました。
恐らく30年ほど前の録音なのでしょう。
しかし音が良くて驚きました。
日本人女性ピアニストが2年前に録音したものより音がいいです。
これはきっとホロヴィッツ氏のテクニックによるところも大きいのではないかと思いました。
ピアノは鍵盤の押さえ方と離し方、それにペダル操作の組み合わせで大体のところは表現されると思います。
ホロヴィッツ氏はそれらが非常に巧みなため、音の解像力が抜きんでて優れているのではないですか?
音がまったく濁りませんね。
一音一音が鮮明です。
それが弱音部分で特にはっきりします。
イヤ~たいしたピアニストが居たものです。
知らずにいた自分が馬鹿に思えました。
これから更に色々聴いてみようと思っているところです。
教えていただきありがとうございました。


BARONDEBOP


里山散歩

今年の秋も無事いろんな花が咲いたようですね。
オケラやアキノキリンソウ、ウメモドキにシラヤマギクと咲いているんですね。こちらの丘陵でも同じ花が咲いてそれを見ていると思うと共通の思いがあるようで嬉しいです。
少し肌寒くなる時期、辛く寒い冬がやってくる少し前の美しい季節、その季節を彩る花たち、大事に見守っていきたいです。
甲斐駒が見え八ヶ岳の麓、良い所にお住まいですね。

Re: BARONDEBOPさま

BARONDEBOPさま、こんばんは。
Youtubeのホロビッツが弾くクライスレリアーナは、1969年の録音のCDだと思います。
私が所有するのはレコードですが、初めて針を降ろした途端、冒頭のピアノの音色に引き込まれてしまった事を覚えています。
今でも時々掛けることがありますが、何度聞いても身震いするような演奏だと思います。
少しでも貴兄のお役に立てて幸いです。
コメントありがとうございました。

Re: 里山散歩

ナンバンハコベから始まった秋の花めぐり、何とか予定の花を訪ねる事ができて幸いでした。
今一つ足に不安が有るので、ご近所里山へも深入りできないのが寂しい処。
トトキなるツリガネニンジンやヤマラッキョウの咲いているはずなのですが・・・・。
貴姉のテリトリーたる狭山丘陵と違い、当地はごくありふれた、小さな田舎の雑木林。
近くに自動車が行きかう道路が作られたり、この小さな谷間の上には造成された住宅街もあります。
ですから、こんな場所に絶滅が危惧される植物が残っている事が不思議です。
「誰も知らない」これが一番良いのかもしれません。
唯心残りは、今年は一度もオオムラサキに逢えなかった事だけです。

昨日は素敵なアドバイス、ありがとうございました!
我が庭はとても小さいですが、葡萄がなったら楽しいでしょうね~。 「オケラ」、近所の里山にも一本あります。不思議に可愛いので好きな植物です。

Re: はずきさま、こんばんは。

はずきさま、こんばんは。
オケラって、名前も姿形も何処となく不思議な面白さがあります。
私達やまなし環境カウンセラー協会を始め皆で来年はブドウ栽培によるみどりのカーテンを推進しようと、頑張っております。
行政側も森林環境部は、乗り気なのですが、農政部が・・・・・??らしいのです。
ブドウ栽培のプロフェッショナルの皆さんは、どうしても、消毒や仕立て方について難しい事を仰るようなんです。
どうしても収量の事を考えちゃうんですね。
まあ、ブドウが食べられるのも魅力ですが、本来は葉っぱが茂ってナンボのみどりのカーテン。
多くの収穫を考えなければ、比較的簡単に栽培できるようです。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3209-e55fa334


Powered by FC2 Blog