プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


いつものように毎週金曜日は、元の勤務先でのリアルなオシゴト。
作業標準の改訂作業に追われる忙しい一日、朝夕合計3時間の混雑する道路を運転するだけでも疲れてしまいます。
以前は毎日これを、こなしていたと思うと・・・・・。
朝某半国営放送局のFMでは、若い音楽家の皆さんのコンクール予選の演奏を放送しています。
今日はバイオリンの部、ブラームスの二番のソナタが多かったようですが、皆さんお上手。
難しい事は判りませんが、これだけ演奏できたら凄いと思うのですが、やはりこれを職業として続けて行くのは、並大抵の事じゃないんでしょうね。
そんな私が今夜聴いているのは、ラフマニノフ作曲ピアノ協奏曲第1番嬰ヘ短調 作品1
ミハエル・ルディのピアノ独奏、マリス・ヤンソンス指揮サンクトペテルブルクフィルハーモニー管弦楽団の演奏。
ラフマ二ノフ
普通の方なら、2番か3番が好きと仰るのでしょうが、私は1番が好き。
次が4番でしょうか。
2番や3番は聴いていて、感情が高ぶり過ぎて疲れてしまうんです。
ロシアで作曲された1番、特に第2楽章の唄うような旋律にとても癒されます。
そして、待ってましたと云わんとしているように始まるフィナーレ!相当忙しいピアノの指使いが、凄い!!と大向こうを唸らせる。
若き日のラフマニノフ渾身の力作。

Youtubeから、若いお嬢さんが、今年のコンクールで演奏されたラフマニノフ作品1を貼っておきます。
30分弱の演奏時間ですが、もしよろしければお付き合いください。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま、コメントありがとうございます。
そうかもしれませんねぇ。
でも、これだけ指が廻ったら凄いと思います。
きっと、半端じゃない程練習されたんでしょうね。
ショパンコンクール、日本の若いお嬢さん達が何人も
挑戦されています。
頑張って欲しいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま、コメントありがとうございます。
確かに音楽の表現力と云う面では、まだレベルが低いのかもしれません。
でも多くの研鑽を積まれて、早く大向こうを唸らせるような大演奏家の出現を期待したいものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3210-606b5795


Powered by FC2 Blog