プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


今日は、私がお付き合いしているメインの病(オイオイ)である拡張型心筋症の予約診療日でした。
9:30が予約時間でしたので、9:00過ぎには主治医の循環器科クリニックに到着しました。
インフルエンザワクチン接種が受けられると云うので、問診票を受け取り記入。
血圧、PTINR値の検査の後内診も終わり、血圧132/80、PTINR値(ワーファリンの効果を示す数値)2.5と管理値内。
動悸が毎日起こる事を話しましたが、内診は異常なしだそうです。
インフルエンザワクチン接種も問題なく終了。
『高齢者インフルエンザ接種済証』と云うものを渡されましたが、詳しい説明もなく自費診療扱い分で3,500円だとか。
まあ、インフルエンザに罹患すると、少々厄介な病状になりかねずやむを得ない出費ですが・・。
2013年に一度ワクチン接種の甲斐もなく、A型に罹患し酷い目に遭いましたから万全とは言えませんが、摂取しないよりは良いだろうと考え、接種していただきました。
10:30頃には院外薬局で薬を受け取ることができたので、次の受診先である眼科クリニックで、3ヶ月毎の眼底精密検査を受けましたが、取りあえず今の処大丈夫だそうです。
但し前回の視野検査の結果、網膜剥離を起こしている左目の視野に欠落があり、視神経も一部弱い部分が有るとの見解。
やはりここでも観血的治療を避けたいと云う結論で、点眼薬を考えているそうです。
現在服用している大量の薬について、院外薬局で貰った薬の説明書を渡し、薬の選定をお願いしておきました。
結局点眼薬に関しては、来月行う視野検査の結果次第で考える事になりました。
天候はピーカン、眼底検査のために瞳孔全開と云う状態。
眼鏡の上に取り付けるミラータイプのクリップサングラスを用意しましたが、それでも滅茶苦茶眩しいのですよ。
何とか昼過ぎまでには帰宅し、昼食後気になったのは、循環器科で貰った『高齢者インフルエンザ接種済証』の事。
ググってみると、65歳以上の高齢者にはインフルエンザワクチンに対する補助があるとか・・・??。
60歳じゃダメかと思いましたが、更に調べると、心臓・・・・に厚労省が定める障害云々があると対象になる・・??らしいので、市役所に電話すると、色よい返事。
循環器科クリニックに確認すると、次回の受診時に清算していただけるとの事で、多少医療費が戻りそうです。

今夜聴いているのは、フレデリック・ショパン作曲スケルツォ第2番変ロ短調作品31、Youtubeから最近気になっているオルガ・イェグノヴァさんの演奏を貼っておきます。
スポンサーサイト

コメント

偶然

MKさん、こんばんは
先ほど偶然にもスケルツォを聴いている最中に、貴ブログをのぞかせていただいたら、同曲がはられてビックリしました。スケルツォって聴きごたえがありますよね。ホントいい曲です。

Re: 偶然

sankichi1689さま、おはようございます。
ホントに偶然ですね。
スケルツォ、特に2番が好きなんですよ。
北海道は紅葉真っ盛りのようですね。
当地は11月に入ってからだと思います。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3221-76e52667


Powered by FC2 Blog