プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


今日から11月、明日の天候はチョットぐずつきそうですが、11月3日は例年通り晴れの特異日。
さて、11月3日文化の日、我地元山梨県では、この日に甲州ブドウを使った新酒の販売が解禁になります。
まあ、フランスボジョレー地方のボジョレー・ヌーボーにあやかっておりますが、甲州ブドウで醸した新酒ワインも美味しいですよ。
つい先日まで、秋の陽をいっぱい浴びていた甲州ブドウ達が、いち早く薫り高い新酒ワインに生まれ変わりました。
県内各ワイナリーでも新酒イベントが開催されるようです。
国内の酒販店にも山梨産新酒ワインが店頭に並ぶことでしょう。
県内の紅葉前線も山々から次第に里へ下っています。
明後日、天気も晴れそうですから紅葉狩りを兼ねて、山梨のワイナリーで新酒を堪能されるのはいかがでしょうか。
そして、東京都の日比谷公園でも毎年恒例となった、山梨の新酒ワインのイベントが同じ11月3日に開催されます。
詳細はこちら「千代田区のホームページ」をクリックしてご覧ください。
今日のBGMは、私が酒盛りの曲と信じているベートーベン作曲交響曲第7番を貼って置きます。

1995年4月2日 ウィーン楽友協会大ホールにて、ゲオルグ・ショルティ指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏だそうです。
私にはドクターストップが掛かっておりますので、新酒ワインはオアズケです(笑)。
上記のように山梨でも日比谷公園でも、新酒ワインのイベントがありますが、くれぐれも飲酒運転はなさらないでくださいね。
また、新酒ワインは、とてもフルーティーで、つい沢山呑んでしまいがちですから呑み過ぎに注意してくださいね。
もちろん未成年者他のアルコール類を止められている方も呑んじゃダメ。
野暮な事を書き連ねましたが、そんな事にもご注意いただき、山梨の新酒ワインをおたのしみください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3233-bfa5c7b4


Powered by FC2 Blog