プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


しつこいようですが、関東近県明日は天候も回復して小春日和??かな。
そう、しつこく叫ぶのは、明日11月3日が甲州新酒ワインの解禁日だからです。
昨日も書き込みましたが、東京日比谷公園でも山梨の新酒ワインに関するイベントがあります。
山梨ヌーボーまつり2015が開催されます。
もちろん、山梨県の各ワイナリーでは新酒のイベントを開催しております。
特に甲州市勝沼町には、多くのワイナリーがあり、新酒も沢山。
紅葉も見頃を迎え、山梨へ紅葉狩りのついでに新酒ワインを味わいにいらっしゃいませんか。
お酒が苦手な方にも色々な旬の食べ物もたくさん。
もちろん新鮮なぶどうがメインですよ。
そうそう、温泉も沢山ありますから、富士の国やまなし観光ネットをご覧唯くと色々な観光情報が掲載されています。
週末だけじゃなく、秋の甲斐路をご堪能ください。
スポンサーサイト

コメント

私も職場が山梨県の店舗だった時に、山梨県産のワインを飲みました。
とても飲みやすくて、美味しかったです!
ワインといえばフランスと連想していた私でしたが、灯台下暗しとはこのこと。地ビールがあるように、地元のワインも格別ですね!

Re:エンターテイナー店長さま

地元山梨では、ワインなどと云ったハイカラな呼び名ではなく、葡萄酒(ぶどうしゅ)と呼び、旧来はグラスではなく茶碗で地元の寄り合い等で呑んでいたようです。
地方地方に色々なお酒があり、それが風土に根差した文化なのかもしれません。
コメントありがとうございました。

八重洲口の山梨アンテナショップにあるやも、、
おいしそうですね。

Re: hippoponさま

なるほど、新酒ワイン、アンテナショップにも並んでいそうですね。
数に限りがある筈ですから、お早めにゲットされることをお勧めします(笑)。
兎に角フルーティーなワインですよ。
コメントありがとうございました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3235-7ae48b2b


Powered by FC2 Blog