プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


コーヒーカップを大きめのマグに替えて使い始めました。
8分目で200ml程の容量があります。
1.5倍程豆の量を増やし、ドリップしていますが、メリタの1×2で8分目程お湯を注ぎ使っています。
1118コロンビアサンアウグスティンスプレモ生   1118コロンビアサンアウグスティンスプレモ.焙煎
昨日週末用にコロンビア・サンアウグスティン・スプレモを200g焙煎しました。
いつものように左側が生豆、右側が焙煎豆です。クリックすると大きな画像でご覧いただけます。
ジェネカフェを用い235℃で16分12秒から冷却し、ミディアムロースト辺りを狙いました。
最近気になっているのは『何とかアンバサダー』とか云うエスプレッソコーヒー。
お手軽ポンといった使い方の製品は好みませんので、あくまでシンプルで手間暇が掛かる方が性に合っています。
深めの焙煎度合で豆を煎り、極細かく挽いてそれをタンピングしてエスプレッソマシンに掛けて珈琲を抽出するのですね。
但し、これには大きな問題があります。
先ず、我『喫茶気まぐれ』は、ウェブ上の仮想喫茶店に過ぎず、リアルな拙宅のキッチンはそれ程広いわけではありません。
そのため珈琲豆焙煎機のジェネカフェにしても使用する時だけ、保管しているこの部屋からキッチンまで運び換気扇フードの下に設置して都度豆を焙煎しているわけです。
大きめのA4インクジェットプリンター程も有るジェネカフェを、毎回キッチンまで移動するのはチョットした労働なんですよ。
これに加えてエスプレッソマシンも常設する事ができないでしょうから、都度移動しなければなりません。
勝手にキッチンを占有したものなら、それこそ嫁の逆鱗に触れるわけで・・・(笑)。
おまけにエスプレッソマシンは水物ですから、移動して使うには適しませんねぇ。
そんなわけもあり、今の処ペーパードリップだけで我慢しているわけなんですよ。
まあ、生豆をその時の気分に合わせて焙煎して珈琲を飲むだけでも相当な手間暇が掛かる贅沢な遊びですから、これ以上は我慢すべきなんでしょうか。

今夜のBGMは、Youtubeから奥井紫麻さんのピアノでアルベルト・シューマンのアベッグ変奏曲、ドミトリー・ショスタコーヴィチの 24の前奏曲 他 他を貼っておきます。
よろしければお聴きください。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま、今晩は。
リアルなお仕事から今帰宅しました。
甘酒メーカーどんな装置なんでしょう??。
楽しそう。
エスプレッソマシンは諦めるしかありません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3252-6d542d36


Powered by FC2 Blog