プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


フランスのパリでコップ21の会議が開かれるそうです。
地球温暖化防止のため、温室効果ガスの排出削減を話し合うとか。
省エネ技術を誇る本邦にとっては、他国に対し二酸化炭素等の排出抑制装置等を売り込む絶好の機会ではありますが、その費用たるや相当な金額にのぼることでしょう。
再生可能エネルギーの美名の下に山肌を削りソーラーパネルや風力発電設備を設置し、発電しようものなら山林の保水力が低下し、気候変動に伴う降雨量の増加に対応しきれずに洪水や山肌の崩壊を招きかねない事を危惧します。
また、上記ソーラーパネルもいずれ発電効率の低下により廃棄されることも予想され、現状では核廃棄物同様に安全な廃棄が望めない事も危惧に耐えません。
その上、ソーラーパネルの原料であるシリコンの精製には大量の石炭、莫大な電力、有害廃棄物の発生が付き纏います。
現状では、本邦でのシリコン精製は、高額な電力料金が嵩むため、採算が取れません。
つまり、料金的に発電による収入より設備を製造するための電力の方が多い事になりかねません。そのため水力発電に寄る電力料金が安い国々でのシリコン精製が主流とか。
先ず必要な事は、未来の事よりも現在起こりつつある気候変動に必要な予算を次ぎ込む事が最善の策であろうと思います。
集中豪雨や大規模な渇水対策として、小規模なダムによる保水力の向上と河川の改修と堤防のかさ上げ。
各家庭における雨水利用の推進と都市型洪水に対応するための大規模な地下雨水貯留施設の建設。
暴風雨等、急激な気象変化に対応するため、避難誘導設備等の完備。
将来的には廃炉を目指すにしても安全性の高い原発の再稼働、それが嫌なら自販機撲滅と昼過ぎと深夜のテレビ放送自粛が必要でしょうね。
まだまだありますが、続きます。
兄  弟
こちら、昨日の孫達。
彼らの未来のためにも気候変動に対処しなければなりません。
今夜BGMに選んだのは、モーツァルト作曲クラリネット協奏曲イ長調KV622。

Youtubeからシャロン・カムさんの場セットクラリネット、マンフレート・ホーネックさんの指揮でチェコフィルの演奏。
手持ちのCDもザビーネマイヤーさんですが、やっぱりクラリネットは女性が似合いそうですね。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさま

鍵コメさま。
ご無理なさいませんように。
お医者様は受診されましたでしょうか。
風邪は万病のもとと申します。
ご自愛ください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3262-793858bf


Powered by FC2 Blog