プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今日は先週月曜日の循環器科クリニックの受診予約を取り消した分の拡張型心筋症の通院日。
月曜28日に予定した上部消化管内視鏡検査、通称胃カメラ検査を控えてのPT-INR値の調整が主な目的。
先日投稿したように一昨日からワーファリンの服用量を、1日当たり0.5mg減らしていますが、その状況を確認するのが主な目的。
血圧:144/90とチョット高めでしたが、寒さのため毎年この時期はこの位の値になってしまいます。
肝心のPT-INR値は2.6とチョット微妙な数値。
明後日総合病院で胃カメラ検査の前、この数値を測りますが3.0を少しでも超えると検査を受ける事ができず、今までの苦労が水の泡になるわけです。
検査前日の明日、全くワーファリンを服用しないようにと言う主治医からの指示を受けました。
通常の患者さんの場合1.6から3.0を管理値とするのだそうですが、私のような心房細動を起こしやすい患者の場合、2.0以上でないと血栓の生成を止める事ができないらしく、できるだけ上限3.0に近い方が望ましいようです。
この数値ですが、薬の飲み合わせや摂取する食べ物に寄っても大きく変わるようで、一番有名なのは納豆、クロレラ、葉緑素を多く含む野菜例えばブロッコリーなどを大量に摂取した場合等、多くの制約が付き纏います。
他にも新しい抗血栓薬が有るそうですが、このワーファリンが数値を管理しやすく最も効果があるのだそうです。
主治医曰く、『例え胃カメラで癌が見つかろうと直ぐに死ぬわけはない、しかしワーファリンを完全に止めて血栓が脳の血管に詰まれば、脳梗塞を起こし直ぐに死亡する恐れがある』
まあ、胃カメラ検査を受けなければ何も問題ないのですが、せっかく人間ドックの料金を全て前払いしてありますし(笑)、前にも投稿したように胃カメラを1年端折って手遅れの胃癌で亡くなった方がおられましたからねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3288-b30f6899


Powered by FC2 Blog