プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


リサイクル

この処、病気がらみのネタばかりでしたが、取りあえず胃カメラ検査が終了して一段落。
年末ですから大掃除やお片付けに絡んだ話など、いかがでしょうか。
何でもかんでもリサイクルしよう!と掛け声を上げ、その代表がペットボトル???。
その材質はペット樹脂(ポリエチレンテレフタレート樹脂)でできています。
食品を入れても安全なうえ、燃やしても二酸化炭素と水に変わるだけで、有害なガスなどを出す恐れがありません。
ガラス瓶と違い軽くて丈夫、透明や色を付ける事も簡単。
お陰様で今や清涼飲料水はもとより、ボジョレー・ヌーボーを始めとしたワイン容器にも使われているほどですよね。
でも欠点があるのを知ってますか、ごく僅かですが通気性があるので長期保存に向くワインなどの容器には使えません。
直ぐにワインが酸化してしまいます。
ボジョレー・ヌーボーを始めとした新酒ワインは、当年に消費するのが本来の消費行動。
ですから、酸化が進む前に呑んじゃうワケ。
清涼飲料にしても同じ事、大体目安は1年以内での消費が目的。
炭酸飲料に用いる容器にはコーティングを施し炭酸ガスの漏れを防いでいるそうです。
又、上記ワイン用のペットボトルも特殊なコーティングが成され、酸化を最小限にとどめているとか。
そしてリサイクル??、このように多種なペットボトルが有ると、廃棄されたものを集めて溶かして再度食品用ペットボトルを作る事はできません。
結局フリースの素材や縫ぐるみの中綿に使う程度にしかなりません。
あえて元の食品用ペットボトルへの再生には、コストだけが嵩むそうです。
軽くて丈夫なペット樹脂の特性を生かし、卵容器などにも使われていますが、ペットボトルリサイクルの対象には入れてもらえません。
容器包装リサイクル法により、ペットボトルの製造段階から課金され、これがペットボトル回収に対する報奨金???として自治会等に還元される仕組み。
チョットだけ胡散臭いですね。
まだ、この程度なら良いのですが・・・・次回はもう少しヤバい話を続けます。
スポンサーサイト

コメント

ワイン用のPETボトルはシリカ蒸着させてハイバリアにしています。ごく薄膜ですけどね。PETの再生だと他から入ってくるコンタミのほうが影響が大きいでしょうね。
現在、バージンの樹脂の値段も下がっていますので、食品用のものは安全性も考えればリサイクルPETは向かないですね。コスト面から見ても、バージン品であったほうがよいかと。

やっと仕事おさめでした。今年もいろいろありました。よいお年をお迎えください。Enjoy your great holidays.

Re: TORUさま

TORUさま、コメントありがとうございます。
本来コスト的にワイン用ペットボトルの場合、ワンウエイの軽量ガラス瓶と殆ど同額であり、
保存品質を考えるとペットボトルの利点は、その軽さと割れない事に限られます。
結局、物流経費がその分抑えられるわけです。
来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

こんにちは

少々前から オリーブオイルが 瓶から ペットボトルタイプになりました、
重いものを持つのが 辛いので 楽になりました、
この瓶はリサイクルも出来ませんね、 

今年も ありがとうございました、たか 
お身体も 大切に なさって下さい、

Re: 植本多寿美さま

来年もよろしくお願いいたします。

Re: こんにちは

消費者もお手軽を最優先しますから、軽量容器に替わるのは時代の趨勢で、致し方ありません。
ここ何日か寒い日が続いています。
お風邪など召しませんように。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3291-afdbfa21


Powered by FC2 Blog