プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今朝も昨日より僅かに暖かでしたが-5.7℃です。
金曜日なので、AZオフロードのフロントガラスの霜を落とし、リアルなオシゴトに出掛けます。
スキーツアーのバス事故も報道されていますが、仕事柄某外食チェーン店の廃棄食品横流し関係の報道が気になる処。
例え他の業者に廃棄物処理を委託したとしても、排出者責任が付き纏います。
そのため通常排出者(この場合外食チェーン側)が廃棄物処理業者に対し、処理を正しく行った旨を記録するマニュフェストと云う伝票のやり取りを行い、管理を行います。
又、多くの場合処理業者に対し抜き打ちで監査を行ったりして横流しなどが横行しないように努めるはずなのですが・・・・??。
まあ、その廃棄物処理業者の手口がすこぶる巧妙だっんでしょうかねぇ。
多くの食品会社さんでは、どうして商品を作る行程中、何らかの原因で商品にならない不具合品が発生します。
そんな食品会社さんも自分の会社では、廃棄処理しきれずに専門の廃棄物処理業者に委託するのですが、その処理費用は高額になりかねません。
そんな場合の多くは入札により、最も安い処理費用を提示した業者が委託をうけます。
余りにも処理費用が安いと・・・・こんな事も起こりえる???。
問題となった外食チェーンさんの場合、長くその廃棄物処理業者に処理を委託していたそうですが、その間に厳重な監査を行ったのか気になりますねぇ。
もちろん伝票等の書類上だけではなく、作業現場での聞き取り調査をはじめ各所で調べる筈なのですが、不思議です。
余程巧妙な手口だったのでしょうか。
それとも某外食チェーンと処理業者との間に・・・・・・・は考えたくありませんが。

何となく聴きたくなったのはヤナーチェクのピアノ曲『霧の中で』Youtubeから1番だけ貼っておきます。
たまにはこんなピアノ曲いかがでしょう。
スポンサーサイト

コメント

食べ物ですから、厳罰にして欲しいですね。
情けない話ですね。
空気穴が床の冷えの原因だったらしいです。
外と内から二重に塞ぎました。
その分換気はばっちりです。
クリーン暖房ですけど、、。

Re: hippoponさま

本文中では排出者責任と明記しましたが、やはり完全に廃棄食品の処理を排出者側で掌握する事は難しいのです。
それを防ぐためにあらゆる手を使い、管理を厳しくします。
しかし、長年廃棄食品の横流しが常態化していたのだとすると、排出者側の責任も重くなるはずです。
厳罰と云っても、廃棄物処理法違反、食品衛生法違反、詐欺罪???ぐらいでしょうか。
人的被害が無かったことだけが救いだったと云うだけですね。
しかし、私のような仕事を抱える身には、更なる対策と云う重圧が掛かってきそうです。
寒い日が続いております。
くれぐれもご自愛ください。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3308-993b123a


Powered by FC2 Blog