プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


リユース瓶

現在山梨県内の主なスーパーマーケットでは、レジ袋の有料化が行われています。
一枚5円ですが、それを惜しんで皆さんマイバックを用意されるようになりました。
まだコンビニやドラッグストア等で使われるレジバックは無償で提供されています。
これを考えるに、昨日紹介したレインボーアクションの他の項目についてもお金が絡むようにすれば、浸透するように思います。
例えば、リユース瓶、昨日一緒にワークショップでご一緒した生協関係の皆さんにかくにんしましたが、クローズドサイクルを構築しやすい販売と消費の環境にあるため、様々の調味料容器などのリユース瓶化が進んでいるそうです。
しかし、一番大きな用途を占めるビール系飲料や清涼飲料水の容器は殆どは、アルミ缶とペットボトルが使われています。
これらは精々リサイクルどまりで、リユース容器とは程遠い存在。
リユース瓶として使う場合、ガラス容器となるわけで、重くて割れやすくて、しかも店に戻すのも面倒くさいと云う消費者の思いもあり、現状の飲料製品は、アルミ缶等の金属容器とペットボトル、そして紙パックになっています。
リユース瓶が使われているのは、ごく一部の製品に限られています。
そのため、多くの販売店の店頭にはリユース瓶入り飲料が置かれていないのが現状。
リユース瓶入り飲料の価格をワンウエイの使い捨て容器入り飲料より大幅に安く設定する事も必要でしょう。
現在ドクターストップが掛かっているので飲みませんが、昔愛飲していた最大手のビールメーカーが販売していた或るブランドのビールに於いて、専用のリユース瓶に詰められており、リユース瓶入りで有る事がブランドイメージとして、ナチュラルであると云う印象を消費者にアピールしております。
内容量が500ミリリットルで瓶の重量が500g、合計1kgとやはり重さがネックとおもわれ、ごく限られた販売店でのみ販売されています。
昔、町内に一軒ぐらい酒屋さんがあって、そこのお店の方が毎日お客さまのお宅に配達していましたが、そんなお店は無くなり、大きな酒販店やスーパー、コンビニの台頭が目につきます。
消費者自らも重い容器に入った飲料を嫌う事も重なり、リユース瓶の利用は進まないのが現状なんです。
スポンサーサイト

コメント

以前は無農薬などの食品の宅配で使いましたが
配達員、クレーム相談があまりにもいい加減で、
ひどくて、本当に信用できるものが付くのか?
怖くなりやめました・
生産者直接ならまた違うのでしょうけど。

Re: hippoponさま

食品の選択は難しいですね。
無農薬、有機栽培と云えど、このご時世ホントかなぁ??
なんて疑う事もしばしば、そんな事も家庭菜園が盛んな要因とか。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3324-a0d62c7e


Powered by FC2 Blog