fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


今朝の新聞によると、警察庁と国土交通省が全国98ヶ所、区間距離約132キロをモデル地区として、自転車による事故防止のため、車道と歩道の間に自転車専用路を整備するとの事。
昨日の環境カウンセラー月例会でもガソリン価格の高騰により、自転車を通勤等に使用する方々の増加についても話題となったのだが、どうも自転車利用者のマナーやモラールの欠如が問題と言う話になる。自転車が昨今のようにホームセンターで10,000円以下で手に入るため、使い捨ての状態となり、愛着もあまりないらしい?。私たちなら、最低でもその予算の十数倍の自転車を選ぶのだが、一般(失礼をご容赦されたい)の方々に趣味の世界を押し付けるわけにもいきませんが、最低でもきちんとした整備をして欲しいものです。昔のように自転車屋さんで購入した自転車は、「一月ぐらい乗ったら点検するから持っておいで」と店の因業親父が言ったものです。一月位乗った後で増締めを行うとその後、各部位が緩む事はめったに無いからです。いくら「安全マーク」が付いていようとも、この増締め等の初期点検を行わなければ、全く意味がありません。
安全にもコストが掛かります。皆さんは自転車の左ネジの世界をご存知でしょうか?最低でも薄口の15番のペダルスパナとクランクを締めるコッタ抜き、やはり薄口のハブスパナ、ヘッドスパナ等専用工具が必要です。
先ず大事なのは自転車道路の整備よりも道交法で「軽車両」という「車両」の分類に入る自転車そのものの整備と「運転者」とみなされる、乗り手の自覚が大切だと思うのですがいかがでしょうか。いくら専用道路ができたとて、携帯片手にメール運転やヘッドホンで耳を塞ぎながらの運転は、危険以外の何物でもありません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/336-e3263b68


Powered by FC2 Blog