プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


一昨日焙煎したロットで、モカ・イルガチェフの在庫が切れたため、いつもお世話になっている甲府市の自家焙煎珈珈琲豆のお店煎豆屋さんへメールを送り1㎏を届けて頂く事にしました。
我『喫茶きまぐれ』の看板商品たる、モカ・イルガチェフG1・コチャレは、エチオピア・モカの中でも稀少な豆だそうです。
人間一度贅沢を覚えると、ランクを下げるわけにもいかず、困ったものです。
前回発注したのは、昨年9月頃だったので、約半年持った事になります。
それだけ大事に使てきたわけです。
一次入手困難に成った事も有りましたが、今は何とか手に入るようになりました。
但し、価格は滅茶苦茶に上ってしまい、貧乏を基調とする我、自家焙煎『喫茶きまぐれ』にとって、重圧で有るわけです。
かといって、一杯当たりの価格を上げたところで、お客は私一人が店主と掛け持ち(笑)。
まあ、我慢して大事に焙煎する事になります。
現在、鉄鉱石、石油他の鉱物資源は某国の経済成長鈍化により価格が低迷し、それが延いては、日本円が安全な通貨として高騰する原因にもなっているそうですが、事珈琲豆にかんしては、未だ価格が下がったと云う話は聞いておりません。
私が何故モカに拘るかと云うと、今も週一の出勤と親会社から貸与されている低スペック・ノートPCを使い同社サーバー経由で在宅ワークのアルバイト先の最寄り駅近くに有った喫茶店に通う内に覚えた味だったからです。
こちらのご主人は、鶴丸マーク航空会社のパーサーをなさっていた方で、特に東南アジア地方に知己が有った方でした。
こちらで嫁と私の新婚旅行もお願いしたりしました。
それも既に40年近く過ぎ、今はご主人も鬼籍に入られ、お子様はプロ野球選手になったそうで、店も閉められております。
BGMには、豆を毎回数えて淹れていたと云う無類の珈琲好き、我らがベートーベン先生のピアノソナタをお聴きください。

Youtubeからマレイ・マクラフランによるピアノソナタ第4番変ホ長調作品7を貼っておきます。
今日は、対ドル111円台まで買い進まれた円相場により、日経平均も390.45円下げて15,732.82円の終値。
原油安が原因の円高傾向、これでも同じ一次産品たる珈琲豆価格はさがりませんねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3379-8cf9a4c5


Powered by FC2 Blog