fc2ブログ

プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ


午前中は、環境カウンセラー協会のメンバーと某梅干メーカーへ、雨水利用に関わるお願いに出かけた。今日は、相手もある事なので車を使用(環境に悪い?)。

昼過ぎに帰宅し昼食を摂るが寒いので、午後から市の温泉施設へ出かける。勿論アバランチェを駈って急坂を上ったり下りたりなのだが行きは殆ど下り、その分帰りは登りがきついわけです。お陰さまで温泉に到着する事は体は完全に冷え切りサウナに入っても10分後辺りまで全く汗が出ません。その後ゆっくり湯船に浸かり、帰宅は登りなので体は暖まったまま。

このように自宅付近は、地名も通称「高原○○」と付くくらいの高台にあります。アプローチはどちらの方角からも急坂を登る以外到着できません。主な坂道は通称で呼ばれ、『赤坂』『登美の坂』『希望ヶ丘』『響ヶ丘』などと呼ばれています。この坂道が曲者です。
車では、標高差数十メートル、数分程の登攀距離ですが、これだけの事でも下界と坂の上では、天候が急変します。「坂の下は雨でも坂の上は雪」なんて事はこの季節珍しくありません。明日は5センチぐらいの積雪予報が出ています。楽しみ半分、不安も半分です。
一番厄介なのが坂道でスリップして登れなくなった車を坂の途中で、皆諦めて乗り捨ててゆく事。
そのために渋滞も起きます。スタッドレスタイヤへの過信も禁物。四駆もしかり。
さあ、私のAZオフロードも過信禁物?明日も安全運転に心がけましょう。
でも雪を内心喜んでいます。(積雪5センチでは、雪かきも心配無いから)  (笑)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/338-4212be21


Powered by FC2 Blog