プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


放射冷却の影響でしょうか、今朝の韮崎アメダス最低気温は9.5℃と10℃を割る寒い朝。
昨日の最高気温は、27.8℃と真夏日一歩手前と、その差18.3℃ですね。
一応、今日の最高気温も26.5℃と夏日ですが、北寄りの冬の季節風が吹き荒れ、体感気温も上がりません。
そんな朝ふと浮かんだメロディーは、シューベルトの交響曲第8番未完成第1楽章第2主題。
昔の記憶なので定かではありませんが、この可愛らしいメロディーは、当時ウイーンの花売りのおばさん達が歌っていた歌だった??とか。
そして、不思議なのがシューベルトの交響曲の番号。
この未完成ですが、ウキペディアを始め近年は7番とされていますが、昔は8番と云われていたと思うのです。
フルトベングラーのBOXセット
現に今聴いているフルトベングラーのボックスセット中、1950年録音のフルトベングラー・ウィーンフィルの演奏は、8番となっていますし、1958年録音のマゼール・ベルリンフィル、1960年のワルター・ニューヨーク・・・・その他手持ちのレコードやCDは全て8番と表記されています。
結局ドイッチュ(Ⅾ.)番号で表記すべきなんでしょうねぇ。
まあ、未完成とかグレートなんかで有名どころは、判りますが他の交響曲は、どう呼べばよいのかチョット困るなぁと思ったら、1番から6番までは決まっていて、7から9番がややこしいらしいのです。
未完の交響曲やそのスケッチがあり、7番目の交響曲とされたらしく、これを除き、現代では、ロ短調Ⅾ.759『未完成交響曲』を7番とし、ニ長調Ⅾ.944『ザ・グレイト』を8番としているそうですが、そのややこしさを省くため、単に『未完成』、『ザ・グレイト』と呼ぶ方が良いと云った意見が多いそうです。

Youtubeから1952年録音のフルトベングラー指揮ベルリンフィルの演奏を貼っておきます。
スポンサーサイト

コメント

昨日、シベリウス聞きながら
書かずに通過してました(^v^)

コンサートに聞ける余裕が欲しいです。
ヨーロッパは安いのにね。

Re: hippoponさま

日本では、クラッシク音楽を高尚な芸術と思われている方が多いんでしょうね。
私ら若い頃は、運命の4楽章を聴きながら大酒を喰らい、口三味線で大騒ぎしたものです。
お陰様で、手持ちのレコードの多くは、酒の飛沫で黴がはえたり、ひっくりかえしゆかにひっくり返して、傷だらけになったものが多いんですよ。
それも今や懐かしい思い出です。
CDだと、全然気にしなくても良いので楽ですね。
Youtubeなら更に(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3409-3affb18c


Powered by FC2 Blog