プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


天気予報どおり、今日から天候が崩れ気味。
最低気温も高めですが、夏日手前の半袖で丁度良い程の陽気。
午前中、時折小雨が舞ったりしましたが、傘も要らないくらいの過ごしやすさ。
身内の祝い事の支度で、甲府まで出掛けたり、夕方二男と地酒の買い出しにと、忙しい一日。
そんな朝、ふと、口ずさむショッキング・ブルーの『悲しき鉄道員』1970年頃のヒット曲。

Youtubeから同曲を貼っておきます。
1970年の秋、あの頃まだ私は中学生でした。
高校受験を控え、一応表向き勉強をしている素振りを見せて、聴いていたのはAMラジオ。
クラッシック音楽だろうがポップスだろうが、いろいろ聴いておりました。
あの頃、毎週全米、ヒットチャートを20位ぐらいからトップまで紹介する番組もあり、子供心ながらも、それらを楽しんでいたと思います。
ショッキング・ブルー、『ビーナス』よりもこちら、悲しき鉄道員の方が哀愁を帯びたメロディーに惹かれ好きでした。
あれから、もう既に半世紀近くの時が流れてしまいましたが、今でも当時の事を思い出す事もあります。
前年1969年には、アポロ11号の月面着陸もありましたね。
でも一番惹かれたのは、アポロ8号でした。
それは、ジュール・ベルヌの小説『月世界旅行』と同じような軌跡を辿ったように思えたからかもしれません。
その頃、以前も投稿したように同級生達と、黒色火薬やメタノールを使った小さなロケットを作り実験??を繰り返していましたっけ。
私のような、いい加減な者と違い、いずれ同級生は、その道で活躍するようになります。
当時、私達が憧れていたのは、フォン・ブラウン博士でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3430-803930b5


Powered by FC2 Blog