プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


最近雨量が減って、東京都の水源たる利根川水系ダムの貯水率が低下しているそうです。
私が子供の頃は、小河内ダム(奥多摩湖)の貯水率が低下したとかで、毎年のように水不足が叫ばれていた東京都。
利根川水系からの取水が多くなったため、そんな水不足も解消したかに見えましたが、今年は大変らしいですね。
昨年は、ゲリラ豪雨だとか、だいぶ文句を言われた水の神様。
前冬の降雪が少なく、ダムに注ぎ込む水の量が減っているがが原因だとか。
やっと梅雨を迎えましたが、殆ど雨が降らない状況が続いています。
2013年夏、当地山梨も渇水に見舞われ、農業用水の枯渇に寄り、消火栓の水を盗むなんて大それた事件も起こったほど。
拙宅の少し上流部の部落では、50年ぶりに雨乞いの儀式が執り行われ、雨乞いの主たる『金精様』を引っ張り出して、SMショー???さながらの儀式を行い、雨が降るのを祈ったそうです。
尚、金精様(こんせいさま)の説明は、諸般の事情により省きますので、ググっていただくと良いかもしれません。
但し、私は一切関知いたしません(笑)。
究極は、何を血迷ったか山梨ローカル民放局、なんとこの私まで担ぎ出される始末。
一応、山梨県に登録されているエコティーチャーの名簿(ネットで閲覧可能)に『節水の専門家』として紹介されている????。
これをご覧になったディレクターさん、急遽私に白羽の矢を立てたそうな。
これが、2013年当日の当ブログをご覧ください。
でも早く雨が適度に降って、渇水が解消されると良いですね。
そして、降った雨を無駄にしない工夫も大切。
雨水タンク加工風景
輸入ワイン原料を運んできた廃棄空き容器を有効活用して屋根の樋から雨水を取水して貯める事ができます。
渇水対策だけじゃなく、地震等の非常時にも役に立つ、こんな雨水利用タンクをお使いになる事をお勧めします。
スポンサーサイト

コメント

天水桶ですね。
鎌倉の御屋敷で観たことがあります。
実際にたまるんだと驚きました。
樋の雨水の利用でした。

Re: hippoponさま

雨水は蒸留水と云ってよいので、加熱殺菌をする事で飲用も可能です。
現在利用されている水道水やミネラルウォーターにしても、その源を辿ると、雨水です。
ですから、降った雨水を有効に使う事に寄り、渇水対策にもなりますよ。
コメントありがとうございました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3448-d946083a


Powered by FC2 Blog