プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


今夜聴くピアノ協奏曲、プロコフィエフの2番、或はショスタコービチの1番にしようか考えて、結局今日取り上げるのは、サンサーンス作曲、ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22。
第一楽章冒頭のカデンツァを聴いていると思い浮かぶ、不条理な運命との出会い、禁断の恋の燃え盛る情念の渦。
何処かの国のメロドラマ風に解釈できるような、これでもか、これでもかと、恋い焦がれる二人を描写するような、ロマンティックな協奏曲。
でも、こんな恋がしてみたい(老人だけど)ですよねぇ。
だからこの曲好きです(笑)。
サンサーンスの作品の中でも筆頭に挙げられるピアノコンチェルト。
所々のフレーズが、ドラマ他のBGMに使われる事もあるようなので、結構皆さんご存知かもしれませんよ。

いつものようにYoutubeから同曲を貼っておきます。
ベアトリス・ラナさんのピアノ独奏、フェイサル・カルイさんの指揮で、コンセール・ラムルー管弦楽団のライブ演奏。
もう、フランスの香り漂う・・・・良いねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3462-1e8a5d04


Powered by FC2 Blog