プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ


梅雨寒、そんな言葉がしっくりくるような今日の天気。
暑がりの嫁さえ窓を全て閉めているほど、肌寒さに堪えます。
ポロシャツの上に一枚羽織って、人心地。
夕方になってやっと20℃を超えた韮崎アメダス。
こんな日、今も何処かで続いている内戦や戦争について考えてみます。
なぜ傍からは、無益とも思える戦いが起こるのでしょうか。
私の持論は、世界中の人々が安心してお腹いっぱい食べ物を食べる事ができたら、諍いも何も起こらないだろうと云う事。
昔人々は、食べ物に不自由しない恵まれた土地に暮らし、平和に暮らしておりました。
ある時、水が枯れたり、寒い夏が訪れたりして食料が底をつき、新たに豊かな土地を求めて移動を始めます。
しかし、新しい土地には元々住んでいた人々が居て、皆が暮らすには食料が足りません。
そうすると、元の住民と移動してきた人達との諍いが始まります・・・・・。
敗れた人々は、元の住処を追われ、他の場所に移る・・・これがドミノ倒しのように続くかもしれません。
稚拙な私の考えですが、昨今の世界情勢も似たり寄ったりかもしれません。
本来地球上で生産される穀物は、そこに住む人々全て均等に分け合うならば、必要量の二倍もあるのだそうです。
しかし実際には、世界の人口の約半分は食糧不足で飢えに苦しんでいるとも云われています。
以前私が『牛丼』を作るために必要な水に付いて投稿した事もありますが、肉牛の肥育には大量の穀物が必要になるそうです。
それも食料(穀物)が行き渡らない一因かもしれませんね。
例え穀物が沢山有っても、欲しがる人々が多ければ、需給と供給のバランスにより、それは高騰して豊かな国々に集まり、口に入らない人々も増える事になります。
やがて、耐えきれず武力に訴えても・・・・・・。
取り敢えず今日は、このくらい。

戦の無い世の到来を祈って、ベートーベン作曲ピアノソナタ30番を、大好きなグレングールドさんのピアノで貼っておきます。
後期ソナタの中で一番好きな曲なんですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3464-df65868a


Powered by FC2 Blog