プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ


今日も陽は差さず、蒸し暑い一日。
韮崎アメダスも最高気温29.8℃と真夏日一歩手前ながら無風。
さて、昨日のソーラークッカー全国大会で気になったシステム??を再度ご紹介したいと思います。
サムネイル画像をクリックしていただくと、大きな画像でご覧いただけます。
ガイド付きソーラーックッカー ソーラー煎餅乾燥器 ソーラー冷凍食品解凍器 ソーラー湯たんぽ
こちらが太陽自動追尾ガイドシステムが装着された、全自動パラボラ型システム、そしてソーラー煎餅生地乾燥器?さすがに煎餅を焼く程の火力は???、ソーラー冷凍食品解凍器、ソーラー湯たんぽ。
海外貢献として、ソーラー発電システム等を途上国に設置する活動も有りますが、メンテナンスの事を考えないと、全く邪魔なものになりかねません。
ソーラークッカーも同様で、高級なパラボラ型よりも簡易型の段ボール組み立てタイプの方が取り扱いも楽ですし、パテントなど気にしなければ、現地の皆さんに作り方を伝授する事もできます。
乾燥地域ですと、燃料の薪を探すのも大変ですし、プロパンガスは高価です。
しかし、簡単なソーラークッカーなら取り扱いも楽ですし、それ程火事の心配もありません。
炊事に薪を使うと、住居内に煙が充満し、健康にも良く有りませんがソーラーならその心配もありません。
乾燥地帯なら、晴れの日が殆どですから毎日太陽の恵みを得る事ができるわけです。
そして、何と云っても安価で、軽く、組み立て前は一枚の紙ですから、大量に現地に送る事が可能です。
三日目のBGMもハイドンの太陽セットから、20-3を貼っておきます。

演奏は、やはりモザイク弦楽四重奏団です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3483-8130f1f2


Powered by FC2 Blog