プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


朝いちばんで、信玄堤に面した菩提寺の墓掃除。
住職が常時いないので、墓地の管理は各檀家任せ。
そのため、彼岸前と盂蘭盆会前には、墓掃除が欠かせません。
嫁と二男が頑張ってくれるので、私は監督してるだけ。
1時間足らずで、帰宅し、私以外の二人は長男の畑でジャガイモ堀りにでかけました。
これ幸いと、出掛けた先は韮崎アメダス観測地点の近く。
春は、アズマイチゲやカタクリなどスプリングエフェメラルが咲く大事な谷戸。
夏のこの季節咲くのは、ヤマホトトギスとヤマジノホトトギス。
少し遅れて、ウバユリの花。
ヤマホトトギス1   ウバユリも咲き始めて
7月下旬、花も終盤に近いヤマホトトギスと、咲き始めたばかりのウバユリが一輪。
他にもウバユリの株は沢山ありましたが、これだけがテッペンの一輪が咲き始めていました。
カナムグラやアレチウリの蔓のジャングルから顔を出しているこれらの花。
ミンミンゼミが鳴き始めた夏のひとこま。
IMG_4983.jpg
久しぶりにCDプレーヤーのトレーに載せたのは、ベルリン弦楽四重奏団の演奏でベートーベン作曲弦楽四重奏曲から第4番ハ短調作品18-4、作品18の中でも唯一の短調ですし、最も完成度が高いと云われている名曲。
ベルリン弦楽四重奏団は、別名ズスケ厳格四重奏団の名のように第一バイオリンのカール・ズスケ、当時東独のベルリン国立管弦楽団のコンサートマスターだった彼に率いられたアンサンブル。
40年以上前、ラズモフスキーのレコードで、このグループを知り、CDで全曲そろえたのは、10年程前だったでしょうか。
特にラズモフスキーセットのレコードは以前も取り上げたように私自身、弦楽四重奏曲と云う分野にのめり込んだ切っかけとなったレコードだっただけに思い出深いものがあります。

Youtubeから女性がトップを務める??、気になる演奏を貼っておきます。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

夏のひとこま・・・ステキです。

Re: Mieさま

Mieさま、コメントありがとうございます。
ヤマホトトギス、割と珍しい花のようで、関東や近畿圏では、絶滅危惧種に指定されているそうです。
一度観たら忘れられない花の形。
盗掘に遭いやすいんですよ。

お墓参り

盂蘭盆会の前にお掃除にいらっしゃるのですね。
面倒なお寺へのご挨拶もいらないのはいいなと思います。
ご先祖様と直接お話しできそうです。
ヤマホトトギス、咲き始めましたね。
ウバユリはこちらでもぼちぼち咲き始めました。

Re: お墓参り

sage55さま、こんばんは。
墓掃除と云うより、開墾と呼んだ方が・・・・。
今回はさほどでもありませんが、背丈より高いアカザ他の植物が藪のように覆いかぶさり、カナムグラが足元を襲うように生い茂るジャングルと云えるほどの年もありました。
彼岸前も掃除をするのですが、春彼岸は、信玄堤のケヤキの葉が溜まります。
野性味豊かな菩提寺の墓。
墓地の裏手は釜無川の信玄堤、その途中、昔はオオイヌノカミソリが自生していました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3489-ffa7fcd4


Powered by FC2 Blog