プロフィール

MK

Author:MK
自称:ナチュラリスト
一年中、野山を彷徨うのが主な活動。
2005年1月突然、『拡張型心筋症』を発病。
現在リハビリ中、従来の活動は著しく制限される。
いい歳して、40年以上yumingを聴いている。
その他、ハイドンからショスタコービチあたりまでの
弦楽四重奏曲が好き。
コーヒー依存症?
メール:azumaitige@gmail.com


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


ビール瓶や一升瓶、業務筋の空き瓶は酒販業者を経て工場へ戻りますが、家庭からリサイクルセンター等に持ち込まれた空き瓶は、瓶問屋に引き取られます。
ここでも昨日同様に瓶を洗い、各ビール等の会社に販売します。
こう云った問屋では、障害者等の授産施設として機能している事業所もあり、施設を利用されている皆さんの収入源にもなる大事な仕事です。
3Kと云われる仕事ですが、リサイクルの底辺として頑張れる誇りを持つことができます。
ビールなら缶容器、清酒や焼酎は紙パックが主流になって、次第に瓶問屋で働く皆さんの仕事も減ってきたのも事実です。
瓶を使う欠点は、今までお伝えしたように、重くて割れやすい、リユースするために戻す必要がある事があります。
缶や紙パックなら、廃棄する際も軽いので簡単なうえ、リサイクルステーションに運ぶのも楽ですから、お客さまは、こちらを選んでしまうわけです。
そのため、メーカーさんも缶や紙パック製品を主流にせざるを得ないのかもしれません。
でもね実は、瓶入りビール633mlと缶ビール同銘柄の容量対価格比を計算すると、瓶入りビールの方が安価なんですよ。
つまり、数量が減っても値段が安いって事は、リユース瓶の方が流通コストや洗浄費用が新しく缶をリサイクルするより安い事を意味します。
人件費と輸送、製造に関わるエネルギー費用を合わせた金額がリユース瓶を使った方が安い事になりませんか。
又、人件費は今まで書き込んだような手間暇を考えると、リユース容器の方が掛かっているはずですから、トータルのエネルギー消費量はとても少ない事が予想できます。
チョット苦しい??弁明になりますが、やはりリユース瓶の方が環境にやさしいと、結論づけたいと思うわけです。
消費する私達も、できるだけリユース容器の製品を多く使うようになれば、ビールを始めとした酒類メーカーもリユース瓶の使用を増やすようになる筈。
これも先に触れた、山梨県策定のレインボーアクションの一つに盛り込まれています。
最後にもう一つ、私の経験上、絶対瓶入りビールや一升瓶入りの清酒のほうが美味しいのは事実です。
まあ、ブラインドテストをしたわけじゃないですが、缶ビールを開けてグラスに注ぐより瓶入りビールの王冠を栓抜きで開け、グラスに注ぐ方が見た目も涼しげで、清涼感を増すとおもいますが、いかがでしょうか。
今日も山梨県は35℃以上の猛暑日が予想されます。
私も、冷えた瓶ビールをグラスに注いで吞みたいものですが・・・・未来永劫に続くドクターストップ中(泣)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaitige.blog88.fc2.com/tb.php/3497-15d233c4


Powered by FC2 Blog